富士は日本一の山 その2

静岡さんぽ

富士宮ルートの五合目に着いたのが、多分9時50分くらい。
(駐車場から、9時15分のバスに乗ったので)
富士山_R

こんな時間なのに、結構な人の数!!
やっぱり登山ブームだから? (私もそのうちの1人だけど)

山ガールも沢山! そんな格好で登れるの? かわいいから、悔しいw
そんなことを考えつつ・・・約40分ほど五合目で体慣らしをしたオイラ達は、ようやく登山を開始したのでつ。
22時30分スタート。

突然ですが、まったく体力に自信のないオイラ。
持久力のかけらもありません。

そして、体力に自信がないにもかかわらず、実は一眼レフを持ってきていたバカw
でも真っ暗闇の中では三脚無しに撮れないので、一眼レフちゃんはずっとザックの中だったわけですが・・・重いでしょってことで、ヘルプデスクの男の子が自分のザックに入れてくれました。

ヘルプデスクはこんなサポートもしてくれます (ヲイ)。

でもとりあえず6合目までは、問題なく到達できました~(当たり前だ)!
6合目までは、20分くらいでついたかな。22時50分着くらいだったと記憶しています。
富士山2_R

てか、標高にしたら90メートルしかあがってない(笑)。

ここまでは、天気がとても良くて (といっても夜だけど)、星が本当にキレイに見えました! 下界の街明かりもとってもキレイだったなぁ~。カシオペアも輝いてみえました。
でも、6合目までなんともなかったからって、調子に乗ってはいけません。

まだ本番始まってないし(笑)。

ってことで、10分休憩してまた登ります。
(体が冷えるので、10分以上は休ませてもらえなかったwww)

23時6合目スタート。

次の新七合目まで、約50分ほどの登山。

もはや、疲れてきました (涙)。

知ってたけど、早すぎ! 自分!
いくじなしー! (ちょっと違うw)
そして、若干ヘロヘロになりながらの新七合目~。
富士山3_R

たしか、24時ごろ新七合目到着です。
ここまでは、恐ろしいほど一般的なスケジュールどおりで登ってきてました。
すごーい。

もうかなり疲れてるけど・・笑

てかね、結構すごい人の数!
こんな時間に、こんなに沢山の人が富士山にいるなんて!
たまに数珠繋がりになったりするしねぇー。

まぁ、渋滞になってくれた方がゆっくり登れていいんですけど・・・・・ほほほほほ。
てか、七合目。

新七合目元祖七合目の2ヵ所あるんだね・・・・

ものすごいぬか喜び感満載。

そしてこの辺りから、岩岩で登るのが若干大変になってくるのでつよ、奥さん。
足上がりにくいしー(もう弱音しか出ないw)

この富士宮ルート、距離は一番短いらしいのですが(なんせ2400Mからスタート)、斜度が一番きついところらしいです。いいのか悪いのか・・・・(笑)。初心者が一番多いルートではあるみたいですが。

そして、元祖七合目までまた約50分
・・・・と、普通に書きましたけど・・・

実は途中で、一眼レフを持ってくれていた男の子に、ザックまで持ってもらっていたオイラ(爆)。
至れり尽くせりです。

ってことで、ストック両手に超身軽な姿に大変身。

「他にそんな身軽な人いませんよ、姉さん」

といわれつつ・・・。ヘルプデスクの彼は、前に私のザック、後ろに自分のザックを背負って軽々と登っていきます。どんなスタミナしてんだ・・・・。

実はこのザックを持ってくれた彼と、もう1人のメンバー(男性) は2年前に2人で富士山に登っているのです。その時もなんとヘルプデスクの彼が、ザックを途中から背負ってあげたのだそう(笑)。知らなかった・・・(笑)。

2年前にザックを持ってもらった彼は、今回ペースメーカーとして先頭を歩いていたわけですが、「オレも持ってもらったし、大丈夫」的なことを言ってました。笑えるwww

でもさー、ザックまで持ってもらったら、「もう疲れたー、もう登れないー」っていえなくなっちゃうジャン! って思ったんですよね。だって、1人だけ楽チンしてんだもん。

そしたらペースメーカーの彼が、「大丈夫。オレはザックを持ってもらった挙句に、疲れて登れないって言ったからw」というので、安心して弱音を吐くことにしました(笑)。

そんな元祖七合目までの道のり。
ここからは、次の日記へ続く~★


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. CHiE より:

    くぅー…そんなにつらいの?
    私もヘトヘトになるかな?
    富士登山は私もしてみたーいのであります。
    前後にザックを背負う彼、男らしー←単純w

  2. Attsun より:

    やっぱり経験者がいると安心ですねー。
    ザックやらなんやらもって上げる彼は良い人ですね。。
    地元には毎日登っているという強者もいるそうです。(子供の頃の噂ですが笑)

  3. daidai より:

    CHIEちゃん
    そんなに辛いの・・・笑
    私はもうありえないと思ったねぇーwwww
    でもCHIEちゃん、スタミナありそうだしなぁー。案外行けるかもよ!?
    前後にザック背負って余裕ってすごいよね・・笑

  4. daidai より:

    Attsun さん
    ホント色々助けられました!
    休憩時間もタイムキーパーみたいな人がいて(笑)、言われるがままに歩いたり休憩したり。経験者ってすごい!
    結構年配の方もいらして、かなり登りなれている様子だったんですよ。毎日登ってる人だったりして・・・笑

  5. noriko より:

    あはは!
    ザックを持ってもらう程なのに、一眼レフ持って行ってるdaidaiさん、大好き♪
    しかし2人分のザックを背負ってすいすい登っていく山男、素敵です。

  6. daidai より:

    norikoさん
    もしかしたら、もう二度と行かないところかもしれない上に、絶景が見れる・・・とあっては、やっぱり一眼レフを持っていかないわけにはいかなかったのです(笑)。身の程知らず・・・・あはははは。
    ザック持ってくれた彼、本当にすごかったwww

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です