ちょい、トゥーマッチ・・・

世界一周: ボスニア・ヘルツェゴビナ

10時過ぎにツーリストインフォメーションに行き、やる気のないおばちゃんをあれこれ質問攻めにして必要な情報をゲットした後、サラエヴォ事件現場向かいにある博物館を覗いてみました。

入場料2KM (=1ユーロ)。
IMG_4982_R

中は1部屋で、壁の周りをぐるーっと展示物が飾っています。とても小さいです。
写真撮影はOKでした。
客は・・・オイラだけしたのん。
IMG_4985_R

ボスニア軍の銃。貝細工でしょうか、とても綺麗に装飾されています。
IMG_4984_R

そして、この人がセルビア人青年ガブリエルです。
IMG_4988_R

彼が持っていたカバン
IMG_4989_R

暗殺に使用された銃
IMG_4990_R

暗殺後に出た号外新聞
IMG_4987_R

なんか、どれもアッサリ展示されていたのですが・・・・いや、アッサリ済ませるものじゃないよね? なんか小さな博物館だったのに、1つ1つ英文の説明を読んでいたらエライ時間がかかってしまいました。
疲れた・・・・・

頭の中はすっかりガブリエルでいっぱい。ガブリエルを脳内に抱えたまま、職人街を抜けて東へ歩いてみました。

この職人街、前の日記のあきさんのコメントにあるように、ほんと和風なんですよ。
なんか下町みたいな? 場所によっては遠くから見ると、川越とかに見えます(笑)。
IMG_4994_R

でも、その隣にモスクがあったりね・・・・
IMG_4992_R

カトリック教会、セルビア正教会、イスラム教のモスクが混在しているこのサラエボ。
面白いんですけど、なんかクロアチアから来たらちょっとその違いに驚いちゃう。というか、オイラ若干やられぎみ・・・泣

そして観光地である職人街をちょっと出ると・・・
IMG_5000_R

戦争で受けた銃弾の後がそのまま残されている建物があちこちに・・・
IMG_5005_R

発展してきている部分と、お金がなくて改修できずそのままになっている部分のギャップにもやられます。
本当に蜂の巣みたいなんだね・・・・・・

そしてトラムが通っている大きな通りにあるのが、この Holiday Inn Sarajevo。
IMG_5007_R
(右側の黄色い建物がホリディイン)

このホテルは、戦争中も営業し続けたという気骨あるホテル。当時はここに沢山のジャーナリストが詰め、戦争の様子を伝えていたのだそうデス。
そしてホテルの前を通るこの大通り。

この辺りから西へ向けて(写真奥へ向けて)、通称「スナイパー通り」と呼ばれていた道。
この道沿いに沢山の狙撃兵が潜み、動くもの全てを射殺したところ・・・。
沢山の子供・女性も犠牲になったのだそうです。
そして沢山の犠牲者を出した戦争。

あまりにも死者の数が多く、遺体を埋葬する場所がなくなってしまい、終にはサラエボオリンピックの会場であったスタジアムが墓地となってしまいました。
IMG_5003_R

国を挙げてのスポーツの祭典会場であったスタジアムだったのに・・・
私と同じ年代の人であれば、確実に戦争を体験しているって、平和ボケしてしまっている私にはやっぱり想像できません。戦争に関しては、クロアチアだって同じように被害を受け、沢山の犠牲者を出したことに変わりはないのですが、ここまで「これでもかっ!!」って戦争の爪あとが残っていると、正直気持ち的に too much。

なんだか気づかれと、歩き疲れで、どんより落ち込んでしまいました・・・・・・・
という訳で、とぼとぼ歩いて駅へ。
明後日はもうベオグラードに移動します。なんかこれ以上いたらだめだ~。

てか、ザグレブ戻りたい。


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. satomi より:

    そういえば、丁度試験のときに
    オーストリア皇太子の暗殺→第一次世界大戦
    なーんてそこらへんも勉強しました。
    いくら学生のときにやってても10年以上前の
    話ですからね・・・。
    ところで、そう・・・・。アメリカのERが私も好き
    なのですが、「ルカ」はやはり戦争の犠牲者として
    書かれていましたねー。
    でも、今でもどこかの国が紛争やら戦争やら
    テロやら、なんて目にあっているんですよ。
    これは、武器を作っている会社がなくならない限り
    なくならない問題だと思うんですよね。
    で、だいたい武器商人は大金持ちだから政治力も
    あるわけで。不の無限ループですよね。
    米国の公共事業は戦争ですからね~・・・。
    私はそういった戦争の爪あとを残すことは重要だと
    思うんです。広島の原爆ドームは残しましたが、
    長崎はアメリカに買収されて壊してしまったんですよ。
    残すべきだったのに・・・。
    でも、確かに見た人は精神的なショックを起こすので、
    疲れますよね。でも、本物はそれだけのインパクトが
    あるんですよね。
    本日も一日お疲れ様でした。

  2. CHIE より:

    その当時にしたら「戦」は必要だったことで止むおえない戦争だったのかもしれないけどとんでもなく多くの人が理由無く犠牲になりすぎ。
    日本に限らず中国、フランス・・・・。
    ↑マニアックに調べたとこしか私は断言出来ないけど・・・。
    でも世界大戦もあったし私が知らない紛争もあるし。
    フランスもフランス革命の犠牲者は多いので墓地がなくバスティーユ広場の下に埋まってるのだ。
    世界中そんなとこたくさんあるんだろうなー。
    忘れてはいけないよね。
    絶対に!!!
    自身の目で見て胸をうたれる人がもっともっと増えたら世の中に争いはなくなりそれこそ本当の平和が訪れるんじゃないかなーと思ってしまう。
    元気出してね☆

  3. nori より:

    職人街、ほんとに和テイストで不思議な感じですね。
    やっぱり旅って色々な体験が出来ていいなと思います。
    平和な日本で生まれた我々は、daidaiさんのように戦争を実感として体験するチャンスはあんまりないですよね。
    辛い気持ちはあるけど、今の自分達がどんなに恵まれていて、幸せなのかを改めて思い出し感謝するためにも、サラエボのようなところを訪れるのはほんとにいいことだと思います。
    ブログ読ませてもらって、こうやって考えるチャンスをくれてどうもありがとう!!

  4. daidai より:

    satomiさん
    satomiさんもERお好きでしたかー。そうなんですよ、ルカは奥さんと子供をこの紛争で亡くしている設定なんです。買い物に一緒に行くとせがむ子供を、「外は危ないから家の中にいなさい」と言い残して出かけた後に、家が爆撃されてしまったんですよね・・・。もちろんドラマの中の話ですが、実際にあったであろう状況で、やっぱり思い出してしまいます。。。
    私も、そういった人間が引き起こしてきた事実を、ありのままに後世に伝えることには大き意味があると思います。でも長崎の件は知りませんでした・・・。そうだったのか・・・。
    でもホント、実際にその場に行ったり見たりすると、強い負のパワーに圧倒されてしまって、なんとも疲れてしまうというか・・。色々考えちゃうってのもありますしね。。。
    いつもとは行かないですが、何かの折にこうしたものに触れ、考えるのは大事だなぁって思いましたねぇ。

  5. daidai より:

    CHIEちゃん
    確かに、戦争が起こる背景には、私たちには分かりえない政治的に重要な理由や事情があるんだろうけど、多数の一般市民の命よりも重要なことって、何なんだろうね? って思ってしまうよね。。。
    バスティーユの下って、そんなことになっているんだ?
    知らなかったよ・・・。バスティーユも行ってみたいところなんだよね。って、フランス革命のきっかけの襲撃があった場所ってことしか知らないんだけど・・・汗
    本当だね、忘れてはいけないことなんだよね。こうして昔も、そして今もどこかで戦争があるんだってことをね。そういうことを思えただけでも、旅に出てよかったなぁって思うのん。

  6. daidai より:

    noriさん
    職人街、特に人通りが少なくひっそりしているところは、古きよき日本・・・みたいな感じです☆ こんなヨーロッパの東で、この景色に出会うとは・・・笑
    旅をしててよく思うんですが、どんなに一生懸命働いても旅行に出かけることができない国の人たちがいるわけじゃないですか・・・。それを思うと、日本という国に生まれたことがどれだけ恵まれたことなのかって、つくづく考えさせられるんですよね。今ある平和にあぐらをかいていたら、いけないなぁって。
    本当ですね、noriさんの言うとおり今ある幸せに感謝しないとなぁって心から思います。でも、1日で一度に沢山見すぎてしまいました・・・・汗

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です