マザーテレサの生まれた町

世界一周: マケドニア

バックパックを開くと、一番最初に出てくるものが缶詰になったあたり、旅人らしくなったなぁ自分と思う今日この頃。

皆さま、いかがお過ごしかしら?

オイラは、事前に購入しておいたマケドニアへのバスチケットを握り締めて、午前9時半に宿を出発してみました。バスは10時半。

9時55分ごろにバスターミナルの10番プラットフォーム(そう言われたの)へたどり着いてみると、そこにはすでにバスが。でも10時発ってかいてあったから、「あら1本前のバスね」なんて思ってたら、おじさんがわらわら集まりだして、どこに行くの?って聞いてきました(推測w)。

「スコピエ、スコピエ」と行き先だけを連呼していたら、どうやらそのバスがスコピエ行き。そして10時半のバスなんて、ないらしい。

ぬわんと!! 昨日のチケットオフィスでのやり取りはなんだったんだ!!
複数いたおじさんのうち、1人が私のチケットを奪い取って、どこかへ走っていきました。
不安がる私をよそに、もう1人のおじさんがバックパックをバスの荷物入れに入れてくれ、
「ok ok ノープロブレム。アイ アム ドライバー」
と微笑んでくれたので、バスの一番前の席に座って待つことに。
すると、チケットを奪い取っていった人が、新しく書き換わったチケットを私にくれ、5分遅れでバス発車。
えーん、みんないい人です。

でも、バスのドアは開けっ放しですけどw
IMG_5139_R
(さすがに途中で閉めたけどね)

ちなみに、コソボのプリシュティナからマケドニアのスコピエまでは、片道6ユーロです。

80キロくらいかな、距離は。
出発して1時間ちょいで、コソボ出国。
パスポート回収されたのに、ハンコなし。押してくれよー。記念に・・・・。
そしてすぐにマケドニア入国。
パスポート回収されて、無事ハンコゲット。

この旅17カ国目! そして今までの旅30カ国目!

そしてこれで終わりかと思いきや、バスがなにやらターミナルのようなところに入っていき、全員一度下ろされました。荷物も全部。

何が起こるのかさっぱりわからずに、他の乗客と一緒に待っていたら、なんと荷物検査。バスも別の場所で中を全てチェックされてました。

オイラの他に2人バックパッカーがいたんですけど、全てのバックパックのメッシュになっている部分(体にフィットさせるために、ちょっと膨らんでメッシュになっているところ。腰とか背中にあたる部分ね)をかなり入念にチェックする警察。しまいにゃ、アイスピックみたいなものを取り出し、メッシュのところに刺し込み、針の先に何か付着しないかを確認してました。

はじめてみたよ、こんなチェック・・・・・
っつーか、人のバックパックに何刺しとんじゃ!

今まで何度もバスで国境越えしてきましたけど、初体験。
びつくりしましたよ。。。
おかげで、マケドニアに入国した時にはすでに12時。
そしてスコピエ到着12時半。

ま、予想通りな感じだったのでよかったデスが・・・。
と言うことで、スコピエのバスターミナルから宿までタクシーで移動しました。
コソボもそうなんですけど、トラムとか市内交通が発達していない町って、結局徒歩かタクシーしか移動手段がなくって大変です。ローカルバスは難しすぎる!!! (トラムとか交通が発達しているトコロのバスは、乗りやすいのに・・・)
チェックイン後、スコピエ市内を歩いてみましたよ。

なんか、ヨーロッパを抜けちゃったなぁって感じがヒシヒシと伝わってきます。「タクシー乗らない?」「どっからきたの?」「ニーハオ!」と声かけてくる辺り、中東っていうか・・・そんなニオイ。

バスも、レトロを通り越して、ボロボロ。
IMG_5140_R

街の中を流れるヴァルダル川。
IMG_5141_R

意外にね、近代的な建物とか多いんですよ、ここスコピエ。
というのも、丹下健三さんという有名な建築家・都市計画家がこの街の設計に携わっているからなんです。1960年代にあった大地震の後、丹下さんを中心に街の復興が行われたんですって。

なので、駅や劇場など、色々な建物が丹下さんによる設計のものだそうです。
ちなみにこの丹下さん、黒川紀章さんのお師匠さんでした。

旧市街は、石畳の道が続きカフェやお土産屋さんが軒を連ねています。
IMG_5147_R

というか、暑すぎて意識が朦朧としてきたですよ・・・・・
IMG_5146_R

旧市街の脇には、城壁もあったり
IMG_5144_R

ここがマケドニア広場。タブン、街の中心地です。
IMG_5151_R

なんか閑散としてますけどね・・・・
ここから、少し歩行者天国みたいな道が続くのですが・・・・

こんなのや・・・
IMG_5152_R

こんなのとか・・・
IMG_5153_R

変な銅像が、点々と置かれています。

もはや意味不明。携帯かけてるっぽいです、この人。
IMG_5161_R

ま、こんなのは置いといて。

このホコテンの脇にひっそりとたたずむのが・・・・

そう、マザー・テレサ!
私、知らなかったんですよ、マザー・テレサがスコピエ出身だっただなんて。
勝手に、「マザー・テレサ」= 「カルカッタ」 = 「インドの方・・・」みたいなね、図式がね・・・。インド人じゃないってことは分かっていたけども、なんかインドと切り離せないから、インドの近くの~みたいな感じがありまして。

IMG_5156_R

白い像も・・・・こちらは優しいお顔。
IMG_5159_R

1997年にお亡くなりになったのですね。。。
IMG_5157_R

彼女がね、来日した際にこんなことを言っていたのだそうですよ。

「日本人はインドのことよりも、日本の中で貧しい人々への配慮を優先して考えるべきです。愛はまず手近なところからはじまります」

これを読んだときに、素直にあーそうだなぁって。
なんか、海外でボランティアとかって単純に響きがカッコイイじゃないですか。青年海外協力隊とか。私もすごく興味があって。

でもさ、年間3万人が自ら命を絶ってしまうような今の日本こそ、何か助けと言うかアクションが必要なんだよなぁーって。改めて思いました。自国をほったらかしにして、海外もへったくれもないよね。

ってことで、マケドニアでも再び考えさせられたのでした・・・・。
あー、なんかブログ的には面白くない内容だよね、最近(笑)。
あ、もちろんマケドニアでも地元のビール飲んでますよ☆
IMG_5158_R
うましっ。


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. CHIE より:

    入念なチェックだねー(゜▽゜)何をそんなに恐れているのだ??!!テロ対策している空港ですらそこまでじゃないもんね。
    日本なら他人の荷物にアイスピックだなんて・・・。連日ニュースで取り上げられるよ!!!(笑)
    マザーテレサのフィルムを上映するバイトが前にあってさー3日間みっちり見たよ(笑)
    すごい人だなーって。
    ミラクルな事ばかり起きてたけど。
    優しい人達いっぱいだねー。
    日本では英語がわからないって理由で外国人を避ける人達がいるけど、言葉が通じなくても人助けは出来るね!!!

  2. satomi より:

    都内でも熱中症で19人だか14人だか倒れたそうです。
    今日もビールがうまいっ!っていうくらい暑いというか。
    それよりも、たおれやしないかというくらいの日本です。
    それにしても・・・。いつもながら笑いのセンスが・・。
    ツボです。

  3. daidai より:

    CHIEちゃん
    なんだったんだろうねぇ・・・白い粉とか!?
    でもびっくりしたよ、ええええええそれ刺すの? みたいなね。初めて見た・・・笑
    っていうか、「マザーテレサのフィルムを上映するバイト」って言うのが、すごいよwww そんなバイトあるんだね(笑)。かなり詳しくなりそう。
    私さー、たぶん日本にいた時はそんなに旅人に優しくなかったと思うんだよね。聞かれたら答えるけど、自分から「どうしました?」って声かけたことはなくって。でも、旅している時に、「can I help?」って言われると、場合によっては泣きたくなるくらい嬉しいんだよねぇー。日本帰ったらやろうって心に決めたよ!

  4. daidai より:

    satomiさん
    さっきWEBのニュースで見て、驚きました!
    ご高齢の方とか、亡くなっている人もいるんですねぇ・・・。かなり暑いみたいで、驚きです。
    ビール飲まないと、やってられないですよね(笑)。
    ブログ、笑ってもらえているみたいで何よりです(笑)。笑える旅ブログ目指してますwwww

  5. 芸者ガ~ル より:

    旅をしてると他人の親切のありがたみを感じますね。
    私もなるべくこっちで出会う観光客には手助けします。
    海外でも、東京でも、仕事のときでも、多少酔っぱらっていたとしても、気持は「日本代表」だと思って 笑

  6. daidai より:

    芸者ガ~ルさん
    本当に身にしみて人の親切ってありがたいなぁーーーって毎日思いますねぇ~。これって、自分が旅をしているからこその気づきデスよね。
    本当にいつも「日本代表」です。
    ホテルの部屋もできるだけキレイに片したり、お礼や感謝も忘れず。「あ、日本人のお客さんっていいなぁ」って思ってもらえたら嬉しいですもんねー。

  7. そら より:

    すごい~。
    近いのに遠い国。レポート興味深く読ませていただきました。
    なんか、ザグレブで文句言えないなぁと
    感じます。
    ありがたや ありがたや

  8. daidai より:

    そらさん
    近いと意外に行けないものですよねぇ。
    「いつでもいけそう・・・」な故、「いつまで経っても行けない・・・」みたいなw
    ザグレブ、かなりポイント高い街でした・・・。ホント・・・

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です