ゲイジュツの秋 in Paris

世界一周: フランス

昨日は21時過ぎに就寝。
寝不足で疲れてたみたいです。

でも今朝は、朝8時に目覚ましがなるまで起きず・・・寝すぎ~(汗)。
寝すぎは寝すぎで疲れるのです・・(年だ・・・w)。
今日もしとしと小雨が降ったり止んだりの空模様。
でもお昼過ぎに意を決して外出してみました。

厚い雲に覆われた空。完璧などんよりっぷり。
IMG_8512_R

そんな私が本日目指したのが・・・・
IMG_8513_R

オルセー美術館デス☆

ここオルセーには、印象派な画家達の作品が数多くあります。でも、出稼ぎに行っているのか大作といわれる作品で、無いものが結構ありました。しょぼーん。
今日はルーブルがお休み。

ってなわけで、セーヌ川を挟んで反対側にあるオルセーに来た人も実は多いのじゃないかしら? ってな具合の行列でした。

入館料 8ユーロ
オーディオガイド 5ユーロ
オルセー美術館内は撮影禁止。
(ルーブルはいいのにね・・・)

なのでお写真はございませんが、駅舎だった建物をそのまま使っているそうで、とてもステキな館内でした。
でもあんまり写真がないのでは味気ないので、wikipediaから拝借・・・

オルセー美術館内部
20101006_1408641

ゴッホ: 自画像
20101006_1408642
背景のうにょうにょを見つめていたら、ちょっと目がぐるぐるしました。これは精神病院に入ったあとに描かれた自画像ですね。彼ったら、自画像描きすぎなの。

マネ: 草上の昼食
20101006_1408612
マネの描く人物の目が怖い・・・と思うのは私だけでしょうか・・・・

ミレー: 落穂拾い
20101006_1408613
この中央の人が腕にはめているやつ! これが超リアルで。食い入るように見ちゃいました。ゴムのところとかさー、くしゅくしゅ具合がなんかすごくて・・・笑

ルノワールのムーラン・ド・ラ・ギャレットは無かったのです。えーん。
20101006_1408643

しかしホント、スゴイ画家さんの作品が目白押し。
ゴッホにゴーギャン、ルノワールにスーラ、セザンヌ、マネ、モネ、ミレー・・・。
あ、スーラの点描はすごかった!

のだめがスーラの絵を見てるシーンがあるんですけど(漫画の話ばっかり・・・)、近くにいた他のお客さんが、「点ばっかりうってるから早死にしちゃったんじゃ・・・・」見たいな事を言うセリフがあるんですよ。

でもね、本当にそう思っちゃう!
31歳でなくなってしまったスーラ。

↓このサーカスという作品が展示されてたのですけど、すごかったなぁ・・・・。
20101006_1408644

点々なのよ・・・・
スーラ以外にも、点で描いている人がいたのですが、スーラの点の方が小さかった!
すごいよスーラ。

そんなわけで、オルセー美術館堪能です。
現在一部改修工事中ってことで、3階は閉鎖されていて、こじんまりした印象。改修工事が終わったらまた来たいなぁ~。

帰りは、オルセーからルーブルの公園を抜けて北上したのですよ。
そうしたら、昨日みたおしゃれさんたちがこれまた沢山いるではありませんか。

何やってんだろうなぁーって思っていたトコロ、ブログを読んで下さっている方からメールを頂きまして、「今パリコレやっているんですよ」とのこと。
なんとー、あれはパリコレだったのかーー!!!
ただのおしゃれさんじゃなかった・・・・。世界中からのおしゃれさんが集結していたのでした。

明日までやってるみたいデスよ、パリコレ。
すごいもの見ちゃったw

その後、ピラミッド駅からオペラ駅の間にある「ザ日本人街」(私命名) に足を踏み入れてみました。もう、デュッセルドルフも黙るくらいの日本っぷりが展開されてましたよ。
IMG_8532_R
日本関連のものを見ずに、通り過ぎることがほぼ不可能な界隈。

ってことで、オイラが目指したのは☆
IMG_8535_R

ブックオフ パリ店。
店内は普通のブックオフで、もぅ懐かしさで笑いそうでした(なぜ?)。
のだめの最新刊もあったけど、そこはぐっと我慢の子。日本に帰ったら買わないといけない本や漫画が沢山ありすぎて泣きそうデス。

ってことで、オイラは2ユーロコーナーで本を数冊ゲット☆
20101006_1408648

手元にあった本は、じっくり時間を掛けて読んだのにもう読み終わってしまったので・・・。これでまたしばらく安泰ですw 本当は読むのがすごく速いので、ゆっくり読むのって結構大変なんですけどね・・・。がむばります。

さて、明日からしばらくはお天気いいみたいなので、パリ散策に出かけようと思います~☆


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. CHIE より:

    寝過ぎは私も疲れるww
    腰が痛くなるし、頭痛はするし・・・。
    何事も適当が一番ね☆
    無事にお宿が見つかって良かったね!!!
    パリコレに遭遇なんてすご!!!

  2. SATTOO より:

    ん?
    24巻?
    グフグフw
    って、このミレとかゴッホとか本物見てきたの?(当たり前か)
    すげぇ
    あのさ、
    いい歳した女性はさ、
    パリコレに興味持とうよw

  3. jidaiya_3 より:

    パリは観光都市一番人気の場所なので 宿代ずいぶん高くてたいへんですね。

  4. daidai より:

    CHIEちゃん
    ねぇ・・疲れるよね。
    もう1日だるくてさぁー。仕事してた頃は、結構土日の週末そんな感じだった(笑)。
    そうなの、宿!!
    パリって異常。100ユーロでもね、満足いくホテルならいいんだけど、2つ星なんだよ!! 2つ星なんて40ユーロくらいでいいっつーの!
    パリコレに感化されたわけじゃないんだけど、服がほしくなるよ・・・パリだし~。今物欲と戦い中w

  5. daidai より:

    SATTOOしゃん
    買ってよー、24巻。
    今男の子でも買ってるから、少女コミック。
    大丈夫大丈夫w
    いやー、パリコレねぇ。
    次元が違いすぎw
    同じ人間とは思えない感じで。
    ナイススタイルの人を思い出しつつ、部屋でポテチ食べてビール飲んでるから、終わってるw

  6. daidai より:

    jidaiya_3さん
    恐ろしいですよ、宿代の高さ・・・
    内容が見合っていれば納得できるんですけど、1万円以上だして、安っぽいビジネスホテルみたいなところだったりとか。

  7. ak より:

    初めまして、daidaiさん
    去年、同じアパートに宿泊したことあります、多分
    窓からマックが見えませんか?
    階段に見覚えが・・・
    違っていたらごめんなさい

  8. 芸者ガ~ル より:

    BOOK・OFFが海外にあるなんて知りませんでした!
    それはそれは日本語の活字が欲しいところでしょう 笑
    私は以前、さほど美術に興味は無かったんですけど、教科書や様々な情報から見知った有名な絵画や彫刻の「本物」を見たときに、初めて感動を覚えました。
    何が違うのか表現できないですけど、「生」って違うなーと引き寄せられたことを覚えています。
    TVの中の歌舞伎より、やっぱり舞台。という感じでしょうか?
    是非堪能してきてください☆

  9. daidai より:

    akさん
    見えます見えます!!!
    同じですねーーー(笑)。
    びっくりデス。
    階段で6Fは結構しんどいですね・・・あははは~
    でも駅近いしとっても便利!

  10. daidai より:

    芸者ガ~ルさん
    ありがたいですよねぇ、ブックオフ。
    ロンドン支店の話もあったそうなのですけど、どうやらそっちはまだのようです。
    そうそう、実際に自分の目で見るってスゴイですよね。
    もちろん本の中のものより大きいですし、そして海外の美術館は特に間近で作品を見れるのがイイです! どんなに大作でも近くって、たまにガラスケースにすら入ってなかったり・・・ルーブルも楽しみデス☆

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です