世界一周: 総まとめ

おススメの宿 BEST3

さて、続きましては宿のご紹介。
私は以下の種類の宿に宿泊しました。
・ホステルのドミトリー
・ホステルのシングルユース
・ホテル
・アパートメントタイプ (独立型)
・アパートメントタイプ (共有型(ベッドルームのみ個室))
・ルームシェア
・友人、知人宅
ということで、居心地よかったなぁーという宿を3つご紹介。あ、もちろん知人宅はかなりよかったのですが、紹介したところで皆さんに泊まってもらうことはできないため、ここではお金を払って泊まったところ限定です(笑)。
※ 順番は適当。

トルコのカッパドキアにあるこじんまりとした洞窟ホテル。カッパドキアの中でも、ユルギュップというちょっと静かな地域にあるホテルで、もとBAで働いていた女性が経営しているところです。
彼女がデザイナーと一緒に作り上げたそのホテルは、とても細かなところまで気配りがきいていて、「もぅどこにも出かけたくない~!」と思ってしまうほど、居心地がよかったデス。
5つしかない部屋。そして各部屋の前は、テラスになっていて、滞在者が自由気ままに時間を過ごしていました。

このホテルに泊まった時の日記はこちら、改めて書いたホテルの情報はこちら

ドイツ西部にあるエッセンの日本人経営のアパート。
もう、ここはドイツの家! と言い切ってしまっていいと思います(笑)。オーナーのショウコさんには、ホント癒されて、励まされて、笑わされて(笑)、かなり思い出に残る滞在になりました。
シェアアパートタイプのお部屋と、完全に独立したお部屋の2種類がありますが、どちらもショウコさんが住んでいるアパート内にあります(てか、アパート1棟丸ごとショウコさん家)。なので、何かあってもすぐショウコさんを尋ねることができるし、セキュリティの面でも超安心! (まぁ、エッセン自体安全だけどさー)
今でもショウコさんのブログを読んでは、「くぅー、戻りたい~」って思っちゃうw
ドイツエッセンの宿の情報は、ぜひぜひショウコさんのWEBを見てくださいねぇ~。

1週間滞在したフィレンツェ。その時利用したのが、このB&B オルティでした。
部屋もステキで、英語の話せないカワイイオーナーと、日本人スタッフがたまーにいるB&B。
フィレンツェのメインエリアからちょっと離れていて、徒歩20分ほどのところにあるのですが、それが逆によかったかも知れません。騒がしくなく、近くにスーパーもあり、バス停も近いしすごくよかった!
朝食は、オーナーチョイスで毎朝変わるパンとちょっとした付けあわせにカプチーノ☆
可愛らしい部屋で優雅な朝食。癒しのひと時です。
B&B オルティの情報はこちらから!
以上、居心地のよかった宿 Best3 でございました。
あ、他にももっとあの宿はよかったなぁってトコロはあるんですよ。ロスで滞在したオレンジグローブ (オーナーサイコー!)、NYで滞在した Space46 (立地サイコー) とか☆ そしてもちろんザグレブのアルタ! (お金払って泊まったわけじゃないのでBESTには入れませんでした)
でも、振り返ってみると日本人経営ってところが多いなぁと、改めて思います。「日本人宿」は苦手だけど、「日本人経営」は安心できる・・・。何が違うの? と思われるかもしれませんが(笑)。
日本人経営のアパートは、個人のスペースもちゃんとしていて(ドミタイプもあるけども)、何よりも清潔! そしてちょっと意外なんですけど、安いことが多いのです。
私は、正直人づきあいがあまり上手ではなく、1人になりたい場面が多々あるんですよね。その点、シェアアパートメントタイプだと、1人になりたければ自分の部屋に戻ればいいし、誰かと喋りたかったら共有スペースに行けばいいので、これがベストだったみたいです。
さ、来年日本に戻ったら自分の部屋を探さなくっちゃデス!
気に入った物件が見つかるといいのだけど・・・・。


Copyright© Round the World , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.