ルーブルで迷子・・・

世界一周: フランス

昨日までかなり晴れの日が続きましたが・・・
今日は久々に曇り。

ってことで、ルーブル美術館へ行って参りました。
家の目の前にあるバス停から81番のバスに乗って、ほぼルーブルの目の前で下車。なんて便利なの・・・。
今日はさほど長い列じゃなかったので、正面ピラミッドに並んでみました。

私の前の前に並んでいた人のリュック。
IMG_9259_R

持ってけドロボー・・・・か、持っていかれたあと。そんな感じで。
彼氏、気づけよ。

ピラミッドをくぐると、持ち物検査がありまして。空港のセキュリティチェックみたいに、ベルトコンベアに荷物を置いて、機械を通すんですけど・・

係員おしゃべりに夢中。見やしない。
やらなくても良いと思います。

そしてエスカレーターを降りると、チケット売り場やインフォセンター、そして美術館の入り口があります。自動販売機でも買えるチケット。でも、なぜか窓口に大行列。
IMG_9260_R
自販機で買えばすぐなのに・・・。ってことで、オイラは自販機で買いました♪ 9.5ユーロ也。

館内地図をもらって、半地下からウロウロ開始ですよ。
IMG_9261_R

誰の作品か分からないけど、獅子にケツかまれてる人。
IMG_9262_R

すごいの、こりゃいたそうーーーー!!って・・・
IMG_9263_R

めっさ食い込んでます、爪。
カワイソウニ・・・・

てかね、広すぎルーブル。
地図あるけど、作品見てるとすぐ場所が分からなくなっちゃう・・・(笑)。
すれ違う人も、

Where are we?

って言うとりました。
だよね、だよね。迷うよね・・・・。

授業の一環で来ているような団体もチラホラ・・・
デッサンしている人も何人もいました。
IMG_9267_R

やたらノリノリなヤツ。
IMG_9270_R

すんごい楽しそう。頭にブドウ乗ってるしww
でも写真撮りながら・・・

これ、人間じゃないよね?
よくいるストリートパフォーマーじゃないよね?

って、ちょっと確認しちゃいましたがな。

そして、こちらがっ!!!!
IMG_9275_R

ハンムラビ法典だよ!!!! きゃー
見たかったのん・・・・・一番(笑)。

バビロニアの王様ハンムラビが作った法典。学校で習いましたよね。
この法典自体を知らない人も、

目には目を、歯には歯を。

と言うのは知っているのではないかと思います。

今でこそこの「目には目を、歯には歯を」と言うのは、復讐の言葉のように伝わっていますが、このハンムラビ法典は、そのような復讐を謳っているのではなく、むしろその逆なんですよね。

ハンムラビ法典は、この石の表面にぎっしりと書かれています。
IMG_9274_R

ロゼッタストーンみたい・・・。
いやー、感動。
ルーブル堪能しましたって感じになっちゃった(ヲイ)w

満足しかけた自分を奮い立たせ(笑)、再び館内を練り歩きます。
IMG_9278_R
すごーい人ごみがあると・・・・
そこには有名な作品がある。実に分かりやすい。

そう、ここに立っていらっしゃったのが・・・
IMG_9280_R

ミロのヴィーナスさま。
お初にお目にかかります・・・・。

正直どのへんがいいのか、無知なオイラにはさっぱりですけど・・・汗
とりあえず、腹筋が羨ましいです。

そして再び歩く歩く。左右見ながら歩く・・・。
IMG_9283_R

そして見よ、この人だかりを!!!
IMG_9284_R
ここにおられるのが・・・ちらっと見えてしまってますけども(汗)、

ででーん
IMG_9286_R

ちーーーーーーーーーーーーーっちゃっ
知ってたけども。ちっちゃっ!!

そう、フランソワ1世が風呂場に飾っていたモナリザですっ!!
IMG_9285_R

でもね、私が思っていたよりも絵に近かったです。
IMG_9287_R
もーっと離れてるかと思ってました。
でもまぁ、これ以上はなれたら、もう何の絵か分からなくなりますわね。ほほほ。

そしてこちらがあの有名な、ドラクロワ作「民衆を導く自由」
IMG_9288_R
カッコイイ絵! 迫力があります。
女性が自由の象徴として描かれてるって、なんかイイですネ☆

こちらは、ナポレオンの絵ばっかりあった部屋の1つ。
IMG_9291_R

なんか日本のサラリーマンが着ているねずみ色のトレンチみたいなのを着てます。ちょっとダサい・・そしてこの格好にその帽子はあわない・・・・・(笑)。

冬の絵だからですけど、暗くて威厳がまったく見られないナポレオン。
猫背のままカウンターに座って、帽子脱いで「熱燗1本・・」とか言いそう。

さて、前述の通りひろーいルーブル。
そして作品の数がハンパない!! 壁にも縦横無尽に絵が飾られているし、どっからどう見たら効率よく鑑賞できるのかももはや分からん!!

3階に上がる階段が見つけられずに超ウロウロしたり。。。。涙
IMG_9293_R

でも、ベンチが異常に多くって。休憩しながらのんびり見れるのはいいことです。
IMG_9298_R

窓際にも、1人がけで外を見ながらゆったりできる、柔らかソファーがあるところがあって。そこで本を読んだ挙句に、ウトウトしかけました(笑)。
そしてこちらは、またまた有名ないかさま師! ラ・トゥールの作品です。

IMG_9294_R

これ、まったく同じ絵がアメリカの美術館にもあるんですってね! 彼が同じ絵を2枚描いたとか、息子の作品だとか言われているみたいですが・・・・。
それにしても面白い絵。
左の男性の左手が・・・・・いかさま(笑)。

そしてこちらは、フェルメールのレースを編む女。
IMG_9300_R
フェルメールらしい柔らかい絵。
てかね、これすんごく小さい絵なんです。
IMG_9301_R

もう少し大きいのを想像してたから、びっくり。
近づいてよく見ると、クッションの飾りとか超精密。すごいなぁ・・・。

いやー、ルーブルにかなり長時間いました。
作品も盛りだくさんだし、バラエティに富んでるし。途中でお腹が空けばカフェもあるので、ご飯も食べれマス。1日入れるんじゃないかなぁ・・・。

水曜日と金曜日は21時ごろまであいているので、ゆっくりするにはぴったりかも!
ということで、オイラは滞在時間3時間半ほどで疲れて出てきちゃいました(笑)。
IMG_9302_R
逆ピラミッド。

あー、パリもあと明日1日でオシマイだぁ。
結構あちこちまんべんなくまわったような気がします。


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. CHIE より:

    モナリザにお目にかかったのね!!!
    私もルーブルの目当てはハンムラビ法典とモナリザだわー☆
    日本の美術館とは違って自由だよねー。
    飲食出来たりデッサン出来たり!!!
    フランス人はやっぱり優しくないんだぁ(笑)
    覚えておこうww
    現地でショックを受けないためにも(笑)

  2. 芸者ガ~ル より:

    人によって真っ先に目が行くポイントは様々ですが
    ヴィーナスの腹筋…爆
    私は彼女の傾きや、無くした腕がどの位置に居たのか、想像を掻き立てる半端さに魅力があるんじゃないかと思います。
    でも、こんなに自由に撮影できるんですね!
    小っちゃいモナリザ。
    ムンクも小っちゃかったです 笑
    私もこの場にてパリと近郊を満喫しました。
    国内外問わず、Museumのショップやカフェが好きで足を運ぶことがあります。

  3. daidai より:

    CHIEちゃん
    CHIEちゃんもハンムラビ法典って言ってくれると思っていたワ!!! ビンゴ☆ 思ったよりスリムで小さかったけど、見れてよかったー!!
    海外の美術館、ホント自由度が高いから楽しい~。
    日本ってさ、なんか窮屈じゃない? マナーも分かるけど、楽しく見たいよね。

  4. daidai より:

    芸者ガ~ルさん
    >彼女の傾きや、無くした腕がどの位置に居たのか、想像を掻き立てる半端さに魅力
    あー・・・なるほど(笑)。
    私はもう腹筋に釘付けでした・・・笑
    有名だから見たけど・・・みたいな(笑)。
    美術館の雰囲気って独特ですよね。ルーブルはなんか大きくて、アミューズメントパークみたいな感じでした。楽しかったですけどね♪

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です