ロワールの古城とフランスの歴史

お墓 世界一周: フランス 世界史さんぽ 世界遺産

今日10日から、1泊2日でツアーに参加しています☆
ということで、朝7時にルーブル近くの広場集合。早いし眠いし暗いし・・・笑
IMG_8721-1_R

ツアーは、全部で20人。
私のほかにも1人、1人で参加している女の子がいたので一緒に周りました♪
このツアー、ロワールの古城とモンサンミッシェルを周るもの。

当初、自力でモンサンミッシェルに行こうかと思っていたのですが、面倒なのとホテルがどこも一杯!! なにやら今ハイシーズンらしいです、フランス(涙)。ってことで、ロワールもいけるなら・・・ってことで、珍しくツアーに参加してみました。

そして最初に訪れたのが、シャンボール城。
IMG_8730_R

このお城、フランソワ1世が建てたお城。
ロワール渓谷に建つお城の中で最大のものらしいです。

フランソワ1世を含む歴代3人のフランス王 (シャルル8世、ルイ12世、フランソワ1世) は、100年戦争が終わってほっとしたのか、イタリアに遠征というか旅行にでかけるようになったんですね。

平和になったから、ちょっと旅に出たくなったのでしょう・・・・・
その時のイタリアは、ルネッサンス期真っ只中。

こんな豪華な建物、フランスにはねぇべさー

と言ったかどうかは知りませんけど、イタリアのあらゆるものに目を引かれた王様達。
料理人、建築家などあらゆる人々をイタリアから連れてきて、フランスにその文化を根付かせようとしたのだそうです。

そんでもって、フランソワ1世がイタリアからつれてきたおじいちゃん。
その時すでに結構なお年。そして絵を3枚だけ持ってきたんですって。

2枚は宗教画。

そして残りの1枚は、1人の女性をモデルにした絵

そう、この絵こそが、今ルーブル美術館で見ることができるモナリザなんです。

もうお分かりですね、フランソワ1世がイタリアから連れてきたおじいちゃんは、レオナルド・ダ・ビンチその人だったのです。

フランソワ1世が連れて来なければ、ルーブルに飾られることは無かったかも知れないと思うと、歴史ってスゴイ。いろんなところで、いろんなことが繋がったり、交差してます。

ちなみに、フランソワ1世はこのモナリザをお風呂場に飾ってたらしいです(笑)。

さてさて、お話はお城に戻りますが・・・・
イタリアでルネッサンスが流行っていた頃、フランスではゴシックでした。ルネッサンス様式はシンメトリー。そう、左右対称です。でもゴシックは、なんかちょっと違う

もうちょっとでこぼこ、ちぐはぐ、その違いが面白い。
そしてこのシャンボール城を後ろからご覧ください。
IMG_8741_R

一見シンメトリーに見えなくも無い外見です。あら、やっぱりルネッサンスを気に入ったのね? と思いきや、近づいてみると・・・

IMG_8739_R

細かいところで、全然左右対称じゃないのが分かります。
ルネッサンスの華やかさに魅了されたのも事実。

でも、作っているうちにどうしてもゴシックも取り入れたくなっちゃって、双方の建築様式が織り交ざっているのがこのシャンボールの特徴なのだそう。
こうして理解してからみてみると、面白いなぁって感じます。

そして、上記写真の中央にある一番高い塔。
この中には、2つの螺旋階段があるのですが、それぞれの階段の入り口から2人の人が同時にてっぺんまで登っても、絶対に途中で出会うことは無いのだそうです。
これ、ダビンチの設計なんですって。

すげーーーーーーー。
登ってみたい・・・・

でも、この頃のダビンチ、結構なおじいちゃんで特に何かを成し遂げたということは無かったようです。沢山の人が集まると、宴会を企画するのが主な仕事だったとか。

 

・・・・宴会部長・・・

 

ちーん。

そして次に訪れたのが、ロワール川のほとり。
美しいデス!!!
IMG_8754_R

この写真の中央にある建物は、実はお城です。
IMG_8757_R

ちょっと分かりにくいですよね・・・。
このお城の裏っかわに、聖堂があるのですが、ここが17歳のジャンヌダルクがお祈りをささげた場所なんです。

へっぽこ皇太子シャルル7世を救いにやってきたジャンヌダルク。フランスではオルレアンの少女と呼ばれているそうですが、100年戦争を終結させ、オルレアン(村の名前)を解放し、シャルル7世の目を覚まし、ランスで戴冠させるという偉業を成し遂げたのに、裁判に掛けられ魔女として断罪され19歳で処刑されてしまった女の子。

若干ホントかいなって思う話ですが・・・・ホントなの?
なーんてことを思いつつ、ロワールの美しさにウットリ・・・・・
IMG_8758_R

なんでこんなにキレイに川面に写るのか・・・・不思議だー・・・
IMG_8761_R

やっぱり水辺って癒されますネ☆
ってことで、このあとは城下町アンボワーズでランチ休憩デス。

でも私たちは、サンドイッチみたいな軽食を買って早速お城の中へ・・・・・・・
IMG_8769_R

と言っても、お城に入るわけではなく・・・(そこまでの時間は無かった)。目指すは~
IMG_8772_R
↑この建物!

なんとこの中には・・・・
IMG_8776_R
ダビンチのお墓があるのです!!!
(墓好きw)

スゴイ~! 実は知らなかったので、超ラッキーです(ヲイ)。
ツアーに参加してよかった・・・・・笑

イタリアからつれてこられて、フランスで亡くなってフランスで埋葬。
これでよかったのかな、ダビンチ・・・。

そして最後のお城が、シュノンソー城。
IMG_8856_R

このお城、大人気のお城なんですって。
毎年、かなりの観光客が訪れるそうです。
そしてこのお城、国とか都市などの政府が持っているわけじゃなくって、なんと個人所有なんですって。

名前は忘れちゃいましたが、チョコレート会社の社長さんが持っているのだそうです。
このシャチョーさん、世界で初めて板チョコを作った人としても有名なんだとか。それまでのチョコは、ショコラとしての飲み物だったんですが、固めてみたようですよ(笑)。

でも、写真でも分かるとおり修繕や警護にかなりのお金がかかるらしく、「儲けはゼロ」みたいです(笑)。でも儲けとかじゃないんですよね、きっと。

オレ、ロワールに城持ってるよ

みたいな。

そんな感じで。

このロワールには結構多いらしい、この木。
IMG_8818_R

何の木だか分かりますか?

これね、
レバノン杉なんです。

こんなところでお目にかかるなんて。建築材木としてももちろん使われているそう。あちこちに立派な杉が生えてました。

このお城、その昔はヘンリー2世(フラ語読みだと、アンリ2世)が所有していました。
そして、その奥方がカトリーヌ・ド・メディシスさん。「メディチ家から来たカトリーヌ」という意味のお名前の奥方。顔が、怖い人です。中身も怖かったみたいです。
IMG_8828_R

一応、この絵のしたには、旦那さんのイニシャルHと奥さんのイニシャルC(カトリーヌのC)が装飾されているわけなんです。
IMG_8832_R
(Cは、シャネルのロゴと同じで逆向きのが重なっている感じです)

でもね、この絵のすぐ隣にある扉の上には、こんな文字が施されています。
IMG_8831_R

これね、パッと見ると・・・・HとCを重ねたものかなって思いますよね。
(Cは、その上の写真と同じでシャネルのロゴを思い浮かべてください)

でも、実は・・・・

 

HDらしい。

 

てか、Dって誰よ!?

 

Daidai?

 

・・・・すみません。

 

D、それは・・・・
ででーん
IMG_8836_R

ルイーズ・デュパン
愛人です。

デュパンのD。

ってことで、愛人には「あれは、Dさ」と言い、奥方には「何を言ってんだ、あれはCだよ」と言っていたヘンリー2世。ろくな死に方しません。

・・・って言ってたら、本当にろくな死に方しなかったみたいです。ちーん。

ちなみにこのお城に、一度だけルイ14世が来たことがあるらしいです。
IMG_8842_R

なんか、勝手にやってきて、一方的に上記の自画像を送りつけてきたらしいです。なお、これは絵よりも額縁の方が高いとのこと(笑)。

ちなみに、このお人。なんとかデュパンさん。苗字が同じなので、上記のルイーズ関連の人ですが・・・(忘れちゃったw)。
IMG_8843_R

この人、確かジョルジュ・サンドの曾おばあちゃんかなんかなんですって。すげー。あ、ジョルジュサンドは、ショパンの元カノです。リストとも付き合ってました。
で、このお方には子供がいたんですが、その子供のために呼んだ家庭教師が、ジャン=ジャック・ルソー

すげぇ。
歴史って面白いデス。

このツアーのガイドさん、フランス政府公認ガイドの方なんですが、話も面白いし話し方も上手で、歴史についてもかなり深く掘り下げて話してくれるので、今日はホント1日色々お勉強できました。

たまにはこういうのもいいよね。

ってことで、お城の周りを散策してお城めぐり終了。
IMG_8864_R

天気がよくって気持ちいい1日でした。
IMG_8867_R

あ、このお城の周りにね、なんとはじめて見たんですけど、野生のシクラメンがたくさん咲いています。
IMG_8863_R

お店で売っている鉢植えのものより、全然小ぶりな花で、こっちの方が数倍キレイ! 野生ってスゴイ。

今日のツアーはまだまだ続くのですけど、今日はこの辺で。
また明日~。ごきげんよう~。


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. jidaiya_3 より:

    すばらしい 豪華なフランスの旅 元はイタリアから来た文化が混ざったものなんですねえ ローマ帝国が古いし強大だったので先に発展してたんですね そのイタリアの文化がフランスへ影響を 日本も同じく唐や高麗から文化が入ってきましたね

  2. より:

    追伸 daidaiさんは 低開発国より北欧やフランスのような文化 文明の発展した国が似合ってますね 文明人だから

  3. 芸者ガ~ル より:

    勉強になりますね!! 写真もポイントを押さえた上キレイに仕上がってるし。
    コメントも独断的で且つユニーク☆
    イイじゃないですか、愛人daidaiっていうのも 笑

  4. あいあい より:

    わぁ、世界史は大嫌いでしたが凄く面白かった。
    しかも、もっと勉強したくなりました!
    野生のシクラメン、なんて可憐なんでしょう
    今日はたくさんいいもの見たよ!
    ありがとう♪

  5. nori より:

    こんにちは。
    フランス生活、満喫されてるようで何よりです!
    アパートもとっても素敵ですね。
    来年フランスに行く予定なのですが、ロワール地方、要チェックですね。
    いままでモンサンミッシェルしか頭になかったので、ほんとに耳寄り情報でした!
    ありがとうございます♪

  6. daidai より:

    jidaiya_3さん
    ありがとうございマス♪
    歴史って、その1箇所を見るよりも、横串で他の国の歴史を比較する方がはるかに面白いんですよね。
    フランスの画家達も、日本の浮世絵に大きいな影響を受けていたりと、遠く離れた国との文化交流なんかも見えて、ますます興味が湧いてしまいます。

  7. daidai より:

    芸者ガ~ルさん
    おほほ、では次は愛人キャラで行きたいと思います(ヲイ)。
    日記に改めてすることで、自分の記憶の整理もできるし・・・半分自分の勉強のための記事になっちゃいました(汗)。でも歴史を知ってみるのとそうでないのとでは、やっぱり違いが出ますよね。何も情報が無い状態で見るのも好きデスが、こうして理解を深める旅もいいなぁと改めて思います。

  8. daidai より:

    あいあいちん
    私も一応世界史とってたのだけど、ヨーロッパ史は複雑すぎてダメだったの・・・カタカナ名も覚えられなくって(笑)。
    でもこうしてその土地に自分が来て、実際にその歴史の一部を垣間見ると、急に世界が広がったようなそんな感覚になります。すぅーって自分の中に入ってくるっていうかね。
    シクラメン・・・布施明が頭から離れませんでした(笑)。

  9. daidai より:

    noriさん
    フランス、来てよかったです~!
    今は違うアパートですが、やっぱりアパート滞在が一番落ち着きますねぇ。
    ロワール地方、かなりおススメです。
    お天気が悪いとそれはそれは面白くなさそうですが、夏であれば晴れの日も多いし、きっとステキです! お城だけだとちょっと飽きちゃうんですが、お城にまつわるいろんなストーリーを知ると、興味湧いちゃいますよ♪

  10. CHIE より:

    C、って・・・CHIE??←オイ(笑)
    この古城巡り、私も絶対に行きたいの!!!
    古城だけを1日かけて巡るツアーもあってね、8ヵ所くらいまわるんだよ。
    まぁ外観だけだったりの場所もあんだけどね。今も住んでいたりして中には入れなかったり・・・。
    水辺とお城って最高の相性だね☆

  11. daidai より:

    CHIEちゃん
    あははは、ホントだ。Cだった(笑)。
    じゃ、うちら本妻と愛人ってことで(笑)。
    さすがCHIEちゃん、チェック済みなのね! ロワールかなりよかった。てか、フランスに来るまでノーチェックだったのだけど・・・。8箇所もお城まわるツアーがあるんだぁ! 知らなかった。
    空気も美味しいし、お城も景色もきれいで・・・
    私も次はお城めぐりしたいなぁ~

  12. ブロリレ事務局 池田 より:

    daidai様
    初めまして。いきなりのご連絡で失礼いたします。
    私はインターネットでの経営サポートをしているインターロジックの池田と申します。
    当社は中小企業の方々のネット戦略をあらゆる角度でサポートしております。
    そのひとつに「ブロリレ」というサービスがございます。
    ブログリレーションとは、サイト訪問者にとって魅力あるブログ記事を、
    サイトのコンテンツであるブログコミュニティにお借りし、
    そのお礼として、アマゾンギフト券を贈らせていただくシステムです。
    (現在の記事を転用させていただきますので、新たに記事を書いていただくなどのお手間は発生いたしません。)
    この度、daidaiさんが2010年10月11日に書かれた「ロワールの古城とフランスの歴史」
    という記事をブログリレーションというWeb上のサービスでご紹介させていただきたく、コンタクトさせていただきました。
    対象となるサイトは、8月にリニューアルオープン致しました「海の見える杜美術館」という、
    広島にある世界遺産の安芸の宮島を一望する美術館のサイトです。
    掲載させて頂くのは、こちらのサイト内のブログ紹介欄(紹介欄現在作成中です)になります。
    http://hiroshima-bijutsu.com/
    こちらにブロガーさんの記事を掲載させて頂き、美術・グルメ・旅などの情報をお届けしたいと思っています。
    新規オープンしたサイトを盛り上げる為、ぜひご協力頂けないでしょうか?
    詳細については改めてご案内させていただきますので、ご興味を持っていただけましたら、お手数ですが次の連絡先までご連絡ください。
    E-Mail: info@blog-relation.com
    ご連絡をお待ちしております。
    ☆ブロリレ掲載中サイトです☆
    多数のブロガーさんがブロリレにご参加くださっているサイトです。
    よろしければご覧になってください。
    「広島住宅総合館」http://www.hiroshima-house.com/
    「ビューティーフコイダン」http://www.beauty-fucoidan.com/
    「前田屋」http://www.nori-maedaya.com/support/morimori-recipe/
    ブロリレ事務局 池田
    運営会社 株式会社インターロジック
    ⇒ http://www.interlogic.jp/index.html

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です