将門塚(しょうもんづか)に行ってきました

お墓 日本史さんぽ 東京さんぽ

18日日曜日は、お昼からプラプラお散歩に行ってきました。
といっても、電車乗ってですが。。。

まずは、今まで気になっていた「パウパウアクアガーデン」。銀座と新宿の2店舗があるみたいですが、銀座店は会社の近くなので、前を通るたびに行ってみたいなぁって思ってたんです。

http://www.paupau.co.jp/

店内の写真は上記WEBを見ていただくとして、もう熱帯魚屋さんという域を超えているというか。相方と、「水族館みたい!!」ってテンションあがってしまいました(笑)。熱帯魚から川魚、サンゴから水中植物まで種類もかなり豊富。水槽もピンからキリまでそりゃバラエティに富んでいるうえに、想像以上にお店が広かったんですよね。

親子連れも結構多くて、にぎわってました。楽しかったなぁ~。

そしてそこから、オイラの会社の前を通過し、歌舞伎座を見たいという相方と東銀座方面へ。途中にあるのか、「みゆき通り」。
IMG_0550_R

オイラは知らないけど、その昔ここでたむろってた若者が「みゆき族」って呼ばれてたみたいですね。

そして、歌舞伎座~。 相変わらずのすごい人でした。
IMG_0552_R

歌舞伎座の交差点を左折し、銀座4丁目へ。相方は初めて来たようで、いたく感心してましたww
IMG_0555_R

日曜日なので、中央通りは歩行者天国になっております。
IMG_0556_R

銀座は通りに名前がついてるから、わかりやすいですよねー。説明もしやすい。

そして銀座から丸ノ内線に乗って、大手町駅に行ってみました。
IMG_0557_R

閑散とした大手町駅。週末は静かだよね・・・・・・なーんもないし。

ってことで、C5の出口から出ます。遠かった、この出口・・・・・
IMG_0558_R

C5を出ると、そこにばばーんとあるのが、三井物産。
IMG_0559_R

そしてこの三井物産を通り過ぎたところにあるのが・・・・・

そう、将門塚。
IMG_0562_R

平将門の首塚です。

なんでも・・・・

戦いに敗れて討死

首は京都に送られてさらし首

いきなり関東に向かって首が飛んでった!

でも途中で力尽き果てて落下

あっちこっちに首塚があるっぽい

その中で一番有名なのが、ここ千代田区にある将門塚

・・・ということのようです。

ご存知の方も多いと思いますが、色々怨念の話が絶えない将門さん。この首塚はかなりのパワースポットというか心霊スポットとして有名ですよね。ってことで、相方が「塚の写真は撮らない方が・・・」というので、内部の写真は撮りませんでした。

でも、本当にビルの谷間に不自然にあるこの首塚。
IMG_0560_R

移動させる話が出るたびに、事故があったりと、色々いわくつきのようです。

でも、ひっきりなしに人が来ては手を合わせていました。

でね、将門さんの首塚の周りには、カエルの置物がいっぱいあったんですよ。なんだろうなぁと思って帰ってから調べてみたところ、Wikipediaでこんな情報を見つけました。

『首塚の境内には所狭しと多数の蛙の置物が奉納されている。将門の首が京から飛んで帰ったことから、必ず「帰る(カエル)」にひっかけ、伝承で次の二つの利益があるとされている。

1.左遷になった会社員が、元の会社に無事に戻ってこられるように、蛙を供える。
2.誘拐されたり、行方不明になった子供が無事帰ってこられるように、蛙を供える。』

へぇ~。そんな意味があって、カエルの置物がいっぱいあったんだ・・・・。

都内の史跡を回るのって、楽しいですよね。色々発見もあるし~。
ってことで、将門塚を後にし、この後は江東区東雲にあるバイクショップを覗いて、帰宅しました。

次はどこに行こうかなー。


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. jidaiya_3 より:

    またまた歴史物でいいですね。

    東の皇帝を名乗って勇ましい人物
    だったのでしょうね。反りの有る刀を
    発案とか騎馬隊をつくったとか、
    アイデアマンでもあった様ですね。

    それを討ったのが藤原秀郷で別名
    俵藤太←草津の近くの三上山の百足退治で
    有名な人と同一人物なんて信じられない。ですが、
    それが歴史物の楽しい所であったりします。

    • daidai daidai より:

      平将門の評価って、昔と今とでは結構違ってきているみたいですよね。
      単純にたたりで怖い・・・というイメージとは違って、時代屋さんがおっしゃるようにアイディアマンだったみたいで、面白いデス。

      1つの史跡から色々つながって話が膨らむって、だから歴史探索ってやめられないです!

  2. Kookaburra より:

    まさかどづか、と読むんじゃないのね><。

  3. jidaiya_3 より:

    実はぼくも、しょうもんずかとは、
    初めて知りました。

    • daidai daidai より:

      私も調べるまでは、知らなかったんですよー。「しょうもんづか」って言われても将門さんとすぐには結び付かないですよねーw

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です