お墓 世界一周: ポーランド 世界遺産

ショパンの心臓

その街に足をふみ入れた瞬間に、
あー、この街好きだなぁ・・・・
って思うことがあります。

まだ何も見てないのに、そう思わせる何かがあるのよね。
でも、ここワルシャワは好きになる理由が私にはありました。

フレデリック・ショパン
IMG_6434_R
↑ホテルの部屋にあったショパンのチョコw

小さい頃からピアノを習っていて、ショパンとラフマニノフが大好きなオイラ。ロシアはビザの関係でいけなかったけれど、ここショパンの故郷ポーランドに来ることができて本当に幸せです。

ピアノの発表会では、いつもショパンを弾きたいと先生に直訴してたんですけど、「人気があってかぶるから、ダメ」と言われ続けてたオイラ(笑)。弾かせてくれよ! グリーグなんてヤダYO! (笑)

あ、そうそう、ここポーランドはショパンだけじゃないんですよ。
バダジェフスカもポーランドなのです☆

名前、聞いたことない人多いのではないでしょうか。彼女、そうこのヒト女性なんですけど、私がたぶん唯一知っている女性の作曲家。(他にも知ってるのかも知れないけど・・・・)
あの有名な 『乙女の祈り』を作曲した人です。てか、この曲しかたぶん有名じゃないです。

この曲、知らない人っていないのじゃないかしら? そう考えるとスゴイですよね。
確か幼稚園くらいの時に聞いていたレコードで、このバダジェフスカの名前を見て「変な名前ー」って思っていたのでした(笑)。

さて、移動に移動を重ね、夜行バスで到着したワルシャワ。
バルト三国はドミトリー & 車中泊だったので(笑)、ちょっと奮発してホテルでくつろぐことにしました。オイラ的メリハリ(笑)。

ゆったりダブルベッド
IMG_6431_R

なんかね、エグゼクティブフロアらしくって、無駄に広いですw
IMG_6432_R

そしてかなり久しぶりのバスタブ!!! たぶんクロアチア以来w
IMG_6433_R

早速、垢を落としました(笑)。

そしてお昼から、ちょいと出かけてみたデスよ。
街の大まかな道を把握するのと、ツーリストインフォで情報収集が目的です。
街並みはさすが世界遺産の旧市街! って感じで。

整備されてとてもきれい。
IMG_6437_R

かつては、ナチスのポーランド侵攻によって壊滅的なダメージを受けた街なのに・・・・
旧市街へ続く、恐らくメインストリート的なところを歩いていたら・・・
IMG_6441_R

TV撮影的な人たちが・・・
そしてよく周りを見てみると、警官が立っていて物々しい雰囲気。

なんでしょう、この十字架・・・・

 

TVクルーも複数局いる様子。レポーターらしき人が中継していました。

誰かを追悼しているような雰囲気。。。
IMG_6444_R

これを見た時点ではまったく思い出さなかったのですが、この写真をツーリストインフォのスタッフに見せて一体何なのか聞いてみたら、思い出したーーーーー!!

この建物は、大統領官邸だった様子。
そう、ポーランドの大統領と言えば!
今年の4月に、大統領専用機が墜落して亡くなってしまったのでした。

それで大統領官邸に十字架を掲げていたらしいのですが、その十字架を別の場所に移動させる計画があるそうなんです。でも、市民が大統領官邸に置いておいて欲しいということで、抗議しているのだとか。
そのせいで、警備を行っていてニュースにもなっているんですって・・・。

墜落したのはロシア領内。しかもカティンの森事件の追悼記念の帰り・・・。なんだかね。

大統領官邸を通り過ぎ、しばらくすると旧市街の広場に出ます。
IMG_6447_R

建物がね、とってもカワイイ!!
IMG_6450_R

旧市街、飽き気味でしたが・・・やっぱいいわぁ(どっちやねん)。

そしてインフォセンターで情報を仕入れ、さらにはショパンインフォセンターに押しかけ、今日はお休みなのにパンフレットなんかを頂いたりしてしまって、ようやく手元に必要な情報そろいましたがな!

ガイドブックがないので、まずはこうして情報集めないとどこにも行かれないという・・・苦笑

で、全てを差し置いてまず向かったのが・・・・
聖十字架教会。ここはもうすごく来たかったのです!!!
IMG_6457_R

入り口には、十字架を背負ったキリストがいます。
IMG_6458_R

中は白を基調とした、落ち着いた感じでした。
IMG_6459_R

でも祭壇は豪華。
IMG_6461_R

ここにはね・・・・
ショパンの一部が眠っているのです。
IMG_6462_R

そう、
ショパンの心臓
IMG_6465_R

いかん、ブログ書いてて思い出し泣きしそうデス(泣)。
この柱の中に、ショパンの心臓が入った壷が埋められているのです。
その柱をずーーーっと眺めていたら、涙が出ちゃいました。
だってさ、ショパンの心臓がここにあるんだよ・・・・

祖国ポーランドに埋葬することができなかったので(彼のお墓はパリ)、彼のお姉さんが心臓だけを持ち帰ったのだそうです。

この柱には、「あなたの宝がある場所にあなたの心もある - フレデリック・ショパンに同国人が捧ぐ」と刻まれています。
明日もまた行こう・・・。

他にもまだゆかりの場所がワルシャワ市内にはあります。
でも、暑いのでランチも兼ねていったんホテルに避難(笑)。熱あるんじゃないかって言うくらい、顔が火照ってしょうがなかったです・・。

あ、ランチを買おうと思ってホテルの近くにあるショッピングセンターを覗いたら・・
IMG_6473_R

なんかね、スゴイオシャレ。ヘルシンキよりも全然オシャレw
ハードロックカフェも入ってました☆
IMG_6471_R
という訳で、ワルシャワ1日目前半終了です。
・・・・って後半があるか分からないけど(笑)。


Copyright© Round the World , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.