新宿からバスに揺られて山梨へ!

山梨さんぽ

2月10日は、引越し作業とお仕事をちょっと休んで、久しぶりに遠出してみました。
と言っても、新宿から高速バスに揺られて2時間ほどのところ。

2日前ほどに天気予報を見て、即座に決定したこのプチ旅行。天気が命だから!!
weather_R↑河口湖の天気予報。これ以上の天気はないってくらいの絶好旅日和☆

ってことで、富士急行バスの「富士五湖~新宿線」で、新宿高速バスターミナル (西口ヨドバシカメラの向い) から乗車です。片道2千円。

路線図_R

クレジットカードで払うとすこーーしだけ安くなります。あと、座席指定もできるし、スマホの乗車券を見せるだけで乗れるのでとっても楽ちん。

そして忍野八海にて下車。
IMG_6565_R

ここから泊まる民宿は歩いて10分ほどのところだったのですが、宿の方が車でピックアップしてくださったので、車でぴゅーーっと宿へ。

が。その車内にて、相方がソワソワソワソワ・・・・

財布がない。

って、なんじゃそらーーーーー!!!

部屋に入ってすぐ、バス会社に電話をし、色々たらい回されたのちに終点のバスターミナルで預かっていると連絡がありました。

にっぽんバンザイ!

ってことで、忍野タクシーがあったのでタクシーで終点の山中湖旭日丘バスターミナルへ。

IMG_6574_R

忍野八海から山中湖の旭日丘まで3,160円なり。

余計な出費ちゃりーん (涙)。でもしょうがない・・・

無事お財布をゲットした後は、せっかくなので山中湖湖畔をお散歩してきたですよ。すっごくきれいでした!
IMG_6580_R

富士山もきれいに見えました。湖の反対側から見てみたかったなぁ~。

IMG_6585_R

抜けるような青空と、ぴーんと張った冷たい空気。穏やかな湖面。気持ちよかったなぁ~。

IMG_6588_R

そして歩いている途中で見つけた建物。

s

うぉー、徳富蘇峰!!!こんなところで名前を目にするとは。

徳富蘇峰は幕末明治にかけて生きたジャーナリストというか思想家というか、そんな人。熊本バンドに入り、その後新島襄が作った同志社に入学します。その後、民友社を設立して弟の徳冨蘆花と働いていたのですが、2人の仲はどんどん悪くなっちゃうんですよねー。結局弟の蘆花は民友社をやめてしまうわけですが。

そんな弟の徳冨蘆花は、京王線芦花公園駅から歩いてすぐのところに住んでいて、今は蘆花恒春園として公開されています。ここもいい公園☆ (その時の日記はこちら☆)

っと、ちょっと興奮しつつも入らずにスルー(笑)。

途中で軽く腹ごしらえをしたのち、路線バスに乗車して次の目的地を目指します。
続きは次の日記にてっ☆


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. hiroshi より:

    天気がよかったので素晴らしい眺めですね。
    あと、ご主人は財布を紐付きで首から吊って
    もらいましょうww

    • daidai daidai より:

      やっぱり富士山や景色を見るには、冬が一番ですね!空気の張り詰め具合が全然違います。
      相方は、あの後まめに財布の存在を確認していました・・・・笑

  2. Kookaburra より:

    さすが!日本、やさしい人が多いのね。

    富士山いつ見てもいい姿してますよね。

    • daidai daidai より:

      ほんとこれ日本じゃなかったら、バスの運転手さんにパクられてるよね・・・・。
      この旅で富士山見納めしてきたよ。これからは羊蹄山だw

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です