NATOに空爆された国防省ビル

世界一周: セルビア 世界史さんぽ

週末とあってか、泊まっている宿はにぎやかです。
若い男の子ばかり・・・・

若い男の子にさっぱり興味がないので、豚に真珠ですけど (なんだそりゃ)。
てか、ヨーロッパの人は基本パンツ一丁。女の子も下着姿でウロウロしてます。
みんななんか若いね。オイラはすっかりおばさんです。

そんな中、ノルウェーの男の子に色々北欧のことを聞いていたら、彼が突然 「うわ、見た今の?」って指差しまして。その方向を見たら、

白いブリーフいっちょうでトイレに向かう男の子。

へー、外人でもブリーフ的なのっているんだぁ、なんて思ったんですけど、ノルウェー人にはツボだったらしく、ずっと笑ってました。でもよ、その格好で宿の中をうろうろするのはどうよ? 自分の家じゃないんだから・・・。
とまぁ、そんな宿なんですけど。

灼熱の昼になる前に、ちょっとプラプラしてきたですよ。
街は整備されていて、とてもキレイです。戦争がつい最近あったなんて、想像できないくらい・・・
IMG_5083_R

でもね・・・
IMG_5086_R

ほんの10年ほど前の1999年に、NATOによって空爆されたビルが今もこうしてその当時のまま、残っているのです (コソボ紛争)。
IMG_5087_R

これは、国防省のビルなんですって。
IMG_5088_R

こうして空爆を受けてもなお、コソボはセルビアの領地だと強い信念を持っているセルビア人。私のような平和ボケした1日本人には、その歴史の長さや複雑さは分かりませんが・・・、なぜアルバニア人が多数いたからといって、その地域を一国家として独立させたかったのか。。。

例えば、九州に韓国人が多くなったので、ここを別の国にしますーって言っている様な感じを受けるのは、私のオツムが弱いからかもしれません。
でもこうした空爆の跡と言うのは、みていて本当に辛くなってきます。

宿のおねえちゃんいわく、ここへの空爆で犠牲者は出なかったそうなのですが、彼女の友人がこの隣の建物に住んでいて、飼っていたネコがなくなってしまったとか・・・。かわいそうに。

国防省のあとは、近くにある聖サヴァ大聖堂を見に行ってきました。
ここはセルビア正教会の大聖堂で、世界でも最大級なのだそうです。
IMG_5092_R

なんとこの正教会、1935年に建設が始まってから、今もなお工事中なんですって。
IMG_5093_R

内部に入ると、工事中だというのが分かります。
政府などからの支援を一切受けず、寄付金だけで作り上げているのですって。さらに、機械を一切使わず、職人の手作業によってのみ作られているのだとか。

・・・って、朝話したノルウェーの男の子に教えてもらったのですけど・・・汗
IMG_5094_R

一部が信者の皆様用に開放されていて、熱心に皆さんお祈りをささげていました。
IMG_5096_R

キャンドルが揺らめいて幻想的な空間でした。
IMG_5097_R

という訳で、暑くなってきたので宿にもどろうと思ったら、市場を発見してウロウロしたりしちゃって。
IMG_5098_R

ウロウロしすぎて、ココハドコデスカーって・・・(またかよw)
IMG_5099_R

手元にある地図には、道の名前がアルファベットで記載されちょるのに、道路にはキリル文字でしか道の名前が記載されておらん。

わからないじゃないかーーーーーーー(怒)

と言うことで、道行く人に尋ねながら、やっと大通りに出たのでした。
ヨカッタ・・・・


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. CHIE より:

    古い建物で工事中って多いよね(笑)
    スペインだっけ??サクラダファミリア。
    あれも完成してないんだよね??!!完成してないんだから工事中ではないのか(笑)
    宿が自分の家のようにくつろげるなんて宿の主人も喜んでいるだろうけど、パンツ一丁でうろつけるほどくつろげるなんてwww
    皆、きっと自信あるのよ。
    見・せ・た・が・り(笑)
    それにしてもブリーフ姿の男の子、ちょっと見たいなー。
    空爆を受けた建物って崩れる心配ないのかな??
    台風とか地震とかさ。
    真ん中だけないだけなんだから大丈夫なのか・・・。
    生々しい傷痕だよねー。
    私もよく理解出来ないっす(笑)
    そんなに簡単に??九州が韓国に??
    いや、無理でしょう(´Д`)

  2. daidai より:

    CHIEちゃん
    多いよね、そうそうサグラダファミリアもそう~!! ガウディ、めんどくさいの設計しすぎww
    こっちのホステルってね、みんなそうなのよ。
    別にアットホームでもなんでもなくても、みんな下着姿でウロウロしてるの。驚くっつーのw もう慣れたけども。
    建物はね、一応人が通るところの上に、落下物をさえぎるようなものがついてたので、もしかしたらポロポロ落ちるのかもww でもこういうことがあったんだってことを伝えるために、あえて残しているらしいよ。夜見たら怖そうだけど・・・

  3. tsutomun より:

    コソボ紛争、予習しといてよかった。NATO軍の空爆されたビルがリアリティーを増して伝わってきます。
    でもたしかに、民族問題って我々には体でわかりにくいですよねぇ。Daidai特派員、これからもぜひ五感をフルに使ってヨーロッパを体験してきてくださいっ!

  4. daidai より:

    tsutomun さん
    あの空爆ビルを目の当たりにすると、本当にここで戦争があったんだという実感が、恐怖とともに湧き上がってきます。
    単一民族日本にとっては、正直未知な世界ですけど・・・民族浄化って、恐ろしいなぁって。。
    ヨーロッパは深い~

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です