世界一周: 中国 世界史さんぽ

三顧の礼

今朝は、6時起床。
そして8時の列車で、武漢から襄樊へやってまいりました!! 列車で2時間の短い旅です。
IMG_0549_R

IMG_0550_R
そして駅の近くのホテルにチェックイン。
荷物を置いて、ちょっと休憩したら、本日のメインイベント古隆中です!!!!

古隆中へは、駅目の前にあるバス停から512路のバスにのって終点☆
(約50分で1元。バスはこうでなくっちゃ!!)
IMG_0551_R
ガイドブックによると、終点の隆中から徒歩10分と書いてあったのですが、なんと現在はこの終点の隆中までバスは行かず、1つ手前で全員降ろされるようです・・・。
ということで、1つ前のバス停で降ろされ人の流れについて歩いて行きました (笑)。

↓ずーっとこんなのどかな道・・・てくてく歩くこと30分近く・・・Orz
IMG_0552_R
いやー、汗かきました (笑)。いい運動です~。
そして、中国でとっても来たかったところの1つ、古隆中へ到着です!!!

ここはそう、

諸葛亮が畑を耕しながら、勉強に励んでいたところ☆
(弟の均も一緒だったわよね、確か)

17歳から10年間、ここで暮らしていたんですって。
こんなところに自分が来れるなんて、シンジラレナイヨー。

ということで、入場料を払って入ります。
てか、72元!!! 高すぎ!! 調べた情報では60元だったのに、どこも値上がってますなぁー。とほほ。
IMG_0558_R
ものすごいのどかです。
お花見とかしたら、超よさそうな場所・・・(ヲイ)。
IMG_0559_R
そしてこれが、孔明が耕していたといわれる畑があった場所!!!
IMG_0560_R
今はチューリップが植えてありました (笑)。咲いたらさぞかし華やかになることでしょう・・・。

そしてここが、孔明を祭ってある武侯祠です!
IMG_0568_R※武侯祠というのは、中国国内のあちこちにあります。"武侯" というのが孔明を指し、孔明を祀る霊廟のことです。今では、劉備をはじめとする蜀の武将なんかも祀られるようになっています。成都に、でっかいのがあるんだよ☆

中には、孔明様がデデーン
IMG_0569_R
さすが三国志好きの日本人用に、日本語でも案内が書いてありました☆
IMG_0571_R
武侯祠を奥に進むと、蜀の武将の像が何体かありましたデス。

↓ 馬良。眉毛が真っ白です。兄弟の中で一番頭がよかったので、ここから、優れた人を "白眉" と言う言葉が生まれました。
IMG_0582_R
↓ ほうとう。なかなかイケメンです。大好きなので嬉しい (笑)。
IMG_0581_R

↓馬謖。なんとなく間抜けな顔に見えるのは、彼の行く末を知っているからでしょうか・・・。
孔明の命令に背いた揚句、大敗・・・。結局処刑されてしまうわけですが、そこから、「泣いて馬謖を斬る」 という故事が生まれましたです。かわいがっていただけに、孔明もショックですわね。劉備大正解の巻。
IMG_0580_R
再びのどかな外へ・・・
IMG_0572_R
結構広い敷地なので、たまに休憩しながら、ようやくたどり着いたのが!!!!!
ジャジャーーーーーン☆
IMG_0574_R 

三顧堂です!!

ここに劉備が3回来たんですよ! ぎゃー。
私も真似して、窓から中を覗いたりしてみました (笑)。
超カンドーー!

中には、孔明と劉備の像がありました。
↓ たぶん、「天下は3つに分けちゃったらイイよ」 って言っている場面。
IMG_0576_R
はぁー。三顧堂でしばし歴史を感じてみました。
なんかすごいよね・・・。自分がこんなところにいれるなんて。
私の少ないボキャブラリーでは表現できませぬ。

そして三顧堂を堪能した後は、再び散策。
↓ これは、孔明が使っていたと思われる井戸なんですって!!
IMG_0578_Rここで水汲みしてたかも知れないんですよーーー!! 私が今立っているところに、孔明もたっていたかも知れないと思うと、なんかチビリそうです (ヲイ)。

いやーーーー、古隆中すごい~!!
感動しまくりです。

これで、孔明が住んでいたところと亡くなったところの2か所を訪れたことになりますわね。
成都には、一番有名な武侯祠があるので (発祥)、それも超楽しみです☆

ということで、再び30分ほどの道のりを戻って、512のバスで駅まで戻りました。
駅で、明日の夜行列車のチケットをゲット☆
明日の夜は成都を目指します~!


Copyright© Round the World , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.