青蔵鉄道の旅 – 成都からラサへ

世界一周: 中国

3月30日の夜9時発の青蔵鉄道に乗って、一路チベット自治区ラサへやってまいりました!

成都でずっとお世話になっていた Sims (宿) で、出発直前に 「他にも4人の日本人が同じ列車でラサに行きますよ」 と聞きまして、その4名の方と出発前に出会うことが出来ました。彼らはもちろん宿で出来上がった即席グループで、一緒にネパールまで行くのだそうです。男性3名、女性1名。

実は私、日本人宿にながーーーーく滞在しているような (沈没?) 旅行者ってちょっぴり苦手で (スミマセン)、どんな人たちなのか何気に不安だったのですが、イイ人達ばかりで安心・・・笑

特に女性の方は、列車内で隣のコンパートメントだったので、ずっとおしゃべりしたり、一緒に食堂車で飲んだくれたりできて、すんごい楽しかったデス~~。年も近くて、旅の仕方が私と似ていて (極貧旅行と豪華旅行のちょうど中間あたりの旅www)、話が合いました♪

そんな彼女と話してたんですけど、日本人宿で出会う1人旅の人で、男性は結構グループで固まって宿に長期滞在している人が多いんですよね。でもって、年齢層も若め。一方、女性の方は私と似たり寄ったりな年で、目的があるので1人であっちこっち移動しまくりな感じ。彼女もそう思っていたらしく、宿の人にそう話したら、「ながーーーく滞在しているのは、圧倒的に男性が多くって、女性は目的を達成したら、次の土地に向かってすぐ移動するので、短期滞在ばかりなんですよ」って言っていたそうです。面白いね。そして、男性はドミが多くって、女性はシングルルームに滞在している人がほとんどだそうです。かく言う私たちもそうでした (笑)。

さて話は列車移動に戻りまして・・・

私たちは硬臥に乗っていましたが、食堂車に行くには硬座 (椅子) の車両をいくつか通り抜けて行かねばなりませんでした。これがものすごい・・・。生ごみの匂いと、訳の分らん食べ物のにおいと、煙草の匂い・・・・。椅子に座って (というか、床に寝てる人もいたけど) 45時間だから、すごい疲れそうです。
IMG_1208_R
食堂車で、高地にたどり着く前に2人で乾杯♪
IMG_1210_R
アジアでは、女性がビールを飲むのって結構珍しかったりするんですよね。日本くらいじゃないのかと思うほど (行ったことのない国ではわからないですが)。

宿に欧米人がいればあまり違和感がないのですが、現地人ばかりのところでビールを飲むと、異常に目立ちます (笑)。今回も、隣の席の酔っ払った中国人に、じーーーーーーーーーーっと凝視され (珍しかったらしい)、最後に乾杯しよう! と強制的に乾杯させられました (笑)。

↓食堂車。
IMG_1209_R
写真を撮ったら、ソッコウ注意されましたよ (笑)。中国ではあまり列車の写真とか撮ってはならないんですよね。知ってて撮ってるんですけど (確信犯w)。日本の方が進んでるから別に真似したりしないのにね (笑)。

夜になると、↓こんなものが配られました。
ザ☆酸素チューブ
IMG_1213_R
通路や各ベッドに、↓こんな酸素吹き出し口があるので、そこにぶっさしてつかうようです。
IMG_1219_R
チューブは、↓こんな感じになっていて、鼻から吸引。
IMG_1222_R
試してみたけど、なーーーんにも出てこなかったヨ・・・泣

ちなみにこの列車、最高地点が海抜5,072Mです! 列車の中にいるのでさほど高地という感じはしませんが、走るとちょっとめまいがする感じ。ちなみに、途中で通過する “唐古拉駅” という駅は、海抜5,068M にあり、世界一高いところにある駅なのだそうです~。昨年訪れたボリビアの首都ラパスにある空港は、約4,000Mのところにあって世界一高いところにある空港でした (笑)。

途中、景色がとっても綺麗でしたよ~!!
IMG_1218_R
そんなこんなんで、45時間の旅も無事終了してラサ駅到着です!! 長かったけど楽しかったのは、きっと一緒に移動してきたお友達がいたおかげ~。
IMG_1246_R
ということで、これから4日間のラサ観光ですわよ~♪


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. 酒井光憲 より:

    オジサン3人で数年前、 Sims から四姑娘山、九寨溝へ出かけました。お抹茶を点ててあげたら、外国のお客さんなんか
    喜んでたなあ。
    お元気で。

  2. daidai より:

    酒井さん
    コメントありがとうございます♪
    Sims を起点に旅されたんですね!!! お抹茶だなんて、素敵です! 日本人でもめったに点てないですものね。私もむかーし点てさせられてましたが…汗

  3. 酒井光憲 より:

    先週、ウズベキスタンに行って来ました。
    アフガニスタンとの国境の街
    テルメズでは
    加藤 九祚(かとう きゅうぞう)さんと言う学者が
    仏教遺跡を手弁当で発掘研究されてます。
    彼は、88歳です。
    補佐するお二人も60代、70代のオジサンで
    こちらも手弁当でした。
    エライ日本人、あちこちに居るもんですね。

  4. daidai より:

    酒井さん、
    ブログ拝見いたしました~!
    ウズベキスタンなんて、すごいですね。。。今回の旅ルートには入っていませんが、私も中央アジアとか今回すっとばすインドー中東の間、行ってみたいと思っています。
    人間いくつになっても興味があることであれば、できるんですね!すごいです。それと同時に私にもまだまだやれる時間があるんだなって思いました!!

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です