世界一周: 中国 世界史さんぽ

桃園の誓い

※ ランキングが10位前後にまで上がってまいりました (驚)。皆様の温かいクリックのおかげです。かなり多くの方にアクセスしていただいているみたいで、謝謝☆☆

このタイトルで、お分かりいただける方も多いのではないでしょうか。
そう、今日私が北京市から足をのばして訪れたのは

 

涿州市

正直、紫禁城より来たかったところ (爆)。
興味のない方には、全く意味のないところなんですが…汗

ここは、三国志ゆかりの地。
劉備・関羽・張飛の3人が、義兄弟となる誓いを結んだ所なのです☆☆
でもこれは逸話なんですけどね、三国志演義の。

それでもいいんですー! 来たかったんですー!!
ということで、朝8時起床、9時宿を出発。

22番線のバスに乗り、前門へ。そこから徒歩で天橋というところにある長距離バスターミナルへ。宿の人に聞いてもよく場所が分らなかったのですが、なんとかたどり着きました。天橋劇場の近くなので、天橋劇場を目指すとバッチリです。

乗るバスは、前日ネットで調べておいた、917系統支4というバス。

バス停に着いたら、もうバスが来ていて結構な人が乗り込んでいました。だもんで、あわててバスに駆け寄り、乗りたいしぐさをしてみると、乗務員の女性の方が話しかけてきました。何を言っているかはもちろん分らないので (笑)、「今言ったことを書いてもらえますか?」 という中国語を見せると、笑いながら、メモに書いてくださいました。

書いてもらった中国語は、おそらく 「どこまで行くの?」 であると判ったのですが、
実は、どこで降りたらいいか知らなかったんです…笑
そこで、ガイドブックにある桃園の誓いのページを見せ (ぶっ)、「ここに行きたいんだ」 と身振り手振り。そうしたらすぐ分かってもらえて、降りるバス停で教えてくれることに。

みんなイイ人だなぁー。

ということで、涿州までバスで1時間半ちょいの旅。14元也。
IMG_0175_Rバスはローカル人でぎゅぅぎゅぅ (途中からいっぱい乗ってきた)。観光旅行者は私くらいでしょうか・・・・。
IMG_0177_R(バスの窓が死ぬほど汚いのはご愛敬)

そして、どこだかわからないバス停で、手招きされたので降りてみました。
バス降りてからが問題なんだよなぁと思っていたら、すぐ白タクのおっちゃんがいたので、行きたいところを周って、またここに戻ってきてほしいということを、これまた身振り手振りで説明。

正直、おっちゃんが言っていることは1つも理解できなかったけど、なんとか交渉成立。150元。

ボラれてるなぁとは思いましたが、まずタクシーは走っていないし、1つ1つの場所がとてもじゃないけど徒歩で移動できる距離にない上に、道も分らない私にはこの白タクのおっちゃんにすがるしかありません。

おっちゃん、最初は色々中国語で話しかけてきましたが、あきらめたのか途中から無言 (笑)。ごめんよ・・・。

そして白タクは、おそらく住宅街と思われる道をどんどん進む・・・
IMG_0179_Rこんなところ、1人でこれませんがな!!!

で、まず最初にたどり着いたのが・・・
IMG_0181_R

 

そう、劉備の生家があったとされている場所なんですよ!!!!

 
今笑った人いるでしょ?

 

いいんですよ、笑っても…

 
オイラも三国志ファンじゃなかったら、「へ?それが?」ってなりそうな場面なので (笑)。
しかも落書きだらけだし (涙)

 

でも、ここで劉備が生まれたのです。

 

この楼桑村の外れで。今はもう桑の木は見当たりませんが…。

 
そして、あたり一面とうもろこし畑 (笑)。

IMG_0180_R
ポツン……

 

IMG_0186_R

 

さびしい (笑)。

 

これだけwww

 
でも、オイラは1人興奮 (爆)。

 
そんなテンションの上がったオイラを乗せて、おっちゃんは次の目的地へ。

途中、中国語で話しかけられましたが、まったくもって意味不明なので、試しに紙に書いてもらいました。すると 「何人? ("なにじん" ね)」 と聞かれ、「日本人ってなんて言うんだっけ・・・?」 と考えている間に、「韓国人?」 と書かれたので、いやいや日本人だよと訂正しようと思って出てきたのが、

「イルボン・・・」

いやいやいやいや、これ韓国語だから!! オイラ、頭がぐちゃぐちゃです (笑)。
そしたらおっちゃんが、続いて 「日本?」 と書いてくれたので、ものすごいスピードでうなずいて見せました。ホッ。

おっちゃんいわく、ここに来たがるのは、韓国人と日本人だけなんだって。
そういえば、韓国人も好きなのよね、三国志。
そんなこんなで、次にたどり着いたのが・・・・・

ジャジャーーーーン!
IMG_0187_R
楼桑三義宮です。

三国志の武将の像があったりするところ。
↓劉備☆
IMG_0190_R
どことなく、レッドクリフに出ていた劉備役の人に似ています・・・・・・

↓関羽
IMG_0191_R
↓張飛
IMG_0193_R
↓孔明 (左) と龐統 (右)
IMG_0192_R龐統、残念ななくなり方でしたよね・・・。好きなキャラだったんですが・・・・

↓ 超雲 (左) と黄忠 (右)
IMG_0194_R(右奥にひっそりいるのが、私の大好きな馬超☆☆)

それぞれの名場面が浮かんできますよ・・・・。
というか、ここ、私しかお客さんいないんですけどね (笑)。

そして、ついにーーーーー!!!
IMG_0207_R
ここが、「桃園の誓い」 が結ばれた場所なのです!!!!!!

きゃーー。

大興奮。

1人ですけど。

同年、同月、同日に生まれることを得ずとも、願わくば同年、同月、同日に死せん事を・・・

鳥肌もんです。
涙でそう。
来てヨカッタ・・・・・・・・・

そして最後の、三国志ゆかりの地は・・・・
張飛廟!
IMG_0219_R
ここはその名の通り、張飛ゆかりの地です☆
IMG_0224_R
でもなぜか、義兄弟の契りを交わした場面まで。
IMG_0226_R
そしてこれが、張飛が肉を隠していた井戸☆
IMG_0229_R
この井戸に、肉をつるして重しを乗せ、隠していたんです。なんとまぁ (笑)。

このストーリーが、建物の壁に描かれておりました・・・
涿県でブッチャー (肉屋) をしていた張飛。
「どうだ、俺様の肉、すごいだろ」 (ジャイアン的)
IMG_0230_R

「誰かに取られたら嫌だから、お前ら井戸に隠せ!」 (ほぼジャイアン)
IMG_0231_R

でも、あっさり関羽に石を持ち上げられるの図。
IMG_0232_R
こんなお話の井戸なんですよ。この井戸。
いやー、三国志の初期を堪能。

恐るべし涿県。
三国志に興味がない人はスルーな街なのですけど。
オイラ大感激!!

最後には、白タクのおっちゃんとも固い握手!!
↓おっちゃんとのコミュニケーション奮闘の一部
IMG_0247_R
正直、疲れました (笑)。
ということで、同じバスの反対方向を捕まえて、一路北京へ!!
北京到着は、3時半くらいでしたかね。

もうぐったり・・・・笑

ということで、今日はそのまま宿に戻ってきまして、ビール飲みながら再び PC。。。
この後は、シャワー浴びて部屋でマターリするつもりです。
明日は朝から病院だー!! 足はまだ痛いぞーーー!


Copyright© Round the World , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.