負の世界遺産から学ぶこと。

世界一周: ポーランド 世界史さんぽ 世界遺産

8月21日は、来たかったとも来たくなかったとも言えない、なんとも複雑なアウシュヴィッツ収容所を訪れました。

人間がここまで非道になれるのかという歴史の1つであるアウシュヴィッツ。
今日ここを見学することができて、本当によかったと思います。
IMG_6730_R

いろいろ思うところもあるし、見学中も考えたし、これからもさまざまな折に思い出して考えることになると思いますが、この日記では聞いたこと、見たこと、事実を記載するにとどまりたいと思います。

間違いなく楽しい話ではないので、苦手な人はこの記事は読み飛ばしていただいた方がいいかも知れません(汗)。そしてたぶん、長くなります・・・・(自分の防備録をかねているので)。

今回の見学は、アウシュヴィッツで唯一の公式日本人ガイドである中谷さんにお願いしました。
(中谷さんのことは、このブログにコメントを下さった Nori さんに教えていただきました。Noriさん、本当にありがとうございました! おかげでとても内容の濃い見学をすることができました!)

私のほかにも、ご夫婦が多かったのですが約10名ほどの参加者がいらっしゃいました。こんなに日本人に会ったのは、相当久しぶりです。

アウシュヴィッツは、ポーランドの南にあるオシフィエンチムという町にあります。もともとオシフィエンチムという名の収容所だったようですが、途中でドイツ語のアウシュヴィッツという名前が付けられました。

ポーランドだけで、強制収容所は3箇所。現存するのはそのうち2箇所で、アウシュヴィッツ1とアウシュヴィッツ2です。アウシュヴィッツ2の方は、その地名から「ビルケナウ収容所」と呼ばれています。

そもそも強制収容所とは何なのか・・・? いつからあるものなのか・・・・。

  • 強制収容所は、ヨーロッパ各地で10箇所ほどあった。全ての強制所をベルリンから管理していた。
  • 一番最初にできた収容所は、1933年設立。戦争が始まる6年も前のこと。この1933年と言うのは重要な年 – アドルフ・ヒトラーが総裁になった年。
  • 政治的、思想的に危険な人物を隔離するための施設というのが表面上の存在理由。アーリア人至上主義も。
  • 最初は、ポーランド人を中心にいろいろな国の人間が収容所へ送られてきた。しかしながら、ドイツの国家政策により、徐々にユダヤ人の占める割合が増加。最終的にユダヤ人100万人がこの収容所で命を落としたとされる。

ヨーロッパのありとあらゆる場所から、アウシュヴィッツに人々が送り込まれてきました。
IMG_6757_R

第一次世界大戦で大敗し、膨大な借金を抱え途方に暮れていたドイツ。
最初は小さなウワサから始まったユダヤ人への憎しみが、最終的に国家政策にまでなってしまうほど病んでいたのでしょう。。。

「オレたちがこんな生活をしなければならないのは、ユダヤ人のせいだ」
「ユダヤ人が持っているものは、もともとオレたちドイツ人のものだ」
「ユダヤ人を根絶やしろ」

IMG_6761_R
(訳: ユダヤは、完全に根絶やしにされるべき人種である)

もそも、「ユダヤ人」という人種は存在しません。
ユダヤ教徒を便宜的にユダヤ人と言うだけで、世界中に住んでいます。しいて言うなら、イスラエル人? 私の同僚にもユダヤの人はおりました。
IMG_6760_R
(われわれは、ポーランド、ロシア、ユダヤそしてジプシーからドイツ国家を解放せねばならない)

ここアウシュヴィッツで命を落とした人の、正確な人数は分かっていません。と言うのも、ここに運ばれてきて、直接ガス室送りになってしまう人が後を絶たなかったからです。
IMG_6759_R

上記の数字は、「最低でもこの人数はいた」という数です。そして見てお分かりの通り、ユダヤ人の桁が1つ違います。

監視エリアへのゲート。有名ですね。
IMG_6735_R

ゲートには「ARBEIT MACHT FREI」と書かれています。

働けば自由になれる。
The work gives freedom.

ここで一生懸命働けば、その後自由が待っているよというありもしない言葉を掲げ、囚人達を働かせる口実にしていました。

左から3つめの『B』が、さかさまになっています。これは収容された人々のせめてもの抵抗だといわれています。
IMG_6740_R

ユダヤ人の中には、事業や芸術方面に秀でている人も少なくありません。もっともそれがドイツ人のねたみを買ってしまった理由のひとつだと思いますが・・・。そしてここの収容された人たちの中にも、そういった沢山の優秀な人々がいました。

その中から楽器を扱える人を選び出し、楽団を作ったのだそうです。あまりにも人数が多く、楽団が4つもできてしまったほどでした。
IMG_6743_R

上記の写真は、収容された人々が演奏している模様を撮影したものだそうです。
実は、写真左側にいる聴衆も囚人。というのも、これはナチス親衛隊が、「ここの収容所は問題なくやっていますよ」と外部にアピールするために、セットアップされたものだったから。

実際には囚人が音楽を聞かせてもらえるなんてことは、絶対にありえなかったのだそうです。

バラックの外には、美しいポプラが植えられていて、本当にここでそんなことがあったのかと目を疑いたくなるきれいな光景が広がっています。
IMG_6745_R

でも、このポプラの木々も、囚人が飢えさせられたもの。
植えたときは小さな苗木だったそうですが、今ではこんなに成長してしまっています。月日の流れを感じずにはいられません。

アウシュヴィッツ第一収容所には、約2万人の人が一度に収容されていたそうです。しかし日々ヨーロッパの各国から運ばれてくる人々を収容するには、キャパシティが足りませんでした。そのため、ここから3キロ離れたところに、第二収容所(ビルケナウ)を作りました。
IMG_6764_R

上記の写真で、中谷さんが指を刺しているのが第一収容所。そして、中谷さんの後ろに隠れてしまっていますが、そこにあるのが第二収容所、ビルケナウです。ぱっとみても、その大きさがお分かりいただけるかと思います。確か、アウシュヴィッツの7倍の収容能力を持っているとのことでした。

ドイツが戦争に負けてこの収容所もその機能を停止したわけですが、そのギリギリまで拡張工事が行われていたのだそうです。戦争に勝つことと同じくらい、ユダヤを根絶やしにすることが国家の最重要事項だったから・・・。収容所に連れてこられた人々の私物、特に貴金属などは全て没収されました。

大量の眼鏡。
IMG_6766_R

収容所に連行された人々は、人種に限ったものではありません。たとえドイツ人であっても、身体障害者や同性愛者などといった、「強い国家作りに不要と判断された人々」も強制的に連行されてきたのだそうです。

数々の義足。
IMG_6767_R

特にユダヤ人を連行する際は、「東の土地に移動すれば、自由に暮らせる」と誘い文句を言ってみたり、実際ありもしない土地の権利書などを偽装して、それを見せ信用させてつれてきたのだそうです。

そのため、彼らは沢山の身の回りのものをカバンに詰めて、強制収容所へやってきました。
そうすることで、ユダヤ人から没収して再利用できる品物が増えたわけですね。

大量のカバン
IMG_6771_R

子供も容赦なく、政治犯などとして連行されてきました。

子供の靴。
IMG_6776_R

こうして没収した物品は、単に物のリストとして個数だけを記載してベルリンの本部に送っていたのだそうです。ベルリン本部からは、「XXX何個に付き、いくら」と値段が付けられていて、その金額が収容所に支給される仕組みだったとか。
ここには一切人間の存在がありません。あるのは、ものと個数だけ。

大量に発見された大人の靴の一部
IMG_6777_R

没収された日用品
IMG_6778_R

没収されたものの中には、こんな見覚えのあるものもありました。
IMG_6779_R

「ニベアクリーム」の缶です。そんなに遠い昔の出来事ではないということが、改めて思い知らされます。

収容された人々は、脱走してもすぐ分かるように、青と白のストライプの服を着せられていました。
IMG_6782_R

その胸には、収容された理由を示したワッペンが縫い付けられていたのだそうです。
IMG_6781_R

こうすることで、囚人間にも格差をつけ支配しやすくなったのだとか・・・・。
ちなみに、特別囚人という人々がいて、収容されている人には変わりはないのですが、特権を与えられている一部の人がいました。彼らは、食事を配ったり、写真を撮ったりと、親衛隊の手足となって働く代わりに、長く生きることができたのです。

IMG_6783_R

何万人も収容されているのに、大暴動が起きなかったのかが不思議ですが、かなりシステマチックに運営されており、収容されている人々を少ない人数でコントロールするという、変な言い方ですがうまいやり方をしていたようです。

下の写真は、収容された時に撮られた子供の写真です。
1人付き、3枚撮るそうなのですが (正面、左右)、この写真を撮らされているのも、同じく収容されている人。
IMG_6788_R

真ん中の少女、実は唇が切れて血が出ているのです。彼女はポーランド人の少女なのですが、ドイツ語で「右向け」等と命令されても、ドイツ語が理解できず、殴られてしまったのだとか。そして、そのまま撮影されたので、唇が切れてたままの写真になっているのだそう・・・。

この話は、実際に撮影をさせられたユダヤ人の方が、数年前、90歳を超えてから語りだしたことなのだそうです。最近こうしたことが多くなり、徐々に当時のことがわかるようになってきたとのことでした。

整備された水洗トイレ
IMG_6791_R

子供の絵が描かれた洗面所
IMG_6794_R

このように、表面上は問題のない収容所に一見見えるところがすごいです。
中谷さんの言葉で印象的だったのが、「一部では、ここで働いていたナチスの人々は、我を失っていてしょうがなくやったんだと言われていますが、そんなことはありません。彼らは実に冷静に、計画的にここで起こった一連のことをやったのです」という言葉でした。

外部向けに公開する情報や、外向けに見せる部分と、内部の実態がきっぱり分かれているということからも、彼らが計画的だったということは容易に推測できます。。。。
ここは、名のある人が銃殺された場所。死の壁と呼ばれています。
IMG_6799_R

ユダヤ人をかくまったり、リーダー的存在だった人々を1人1人銃殺したのだそうです。
それも、15秒ほどの裁判にかけ、死刑判決が出てから。

これね、「死刑判決が出された悪人を退治する」という大義名分を作るためなんですって。こうして自分達の行いを正当化し、人々を処刑していったのです。
これは、死刑囚人の身代わりに亡くなってしまった牧師さんの追悼碑。
IMG_6801_R

長崎にも来た事がある牧師さんだったそうデス。遠藤周作さんの「女の一生」に出てくるのだとか・・。日本に帰ったら読んでみたいと思います。

IMG_6818_R
この煙突のある建物・・・・
これが、ガス室。
IMG_6813_R
とても小さな建物なんですよ。
ここに一度に何百人という人が詰め込まれて、天井に開いた穴からガス(チクロンB)が入れられました。
IMG_6814_R

ガスが入っていた大量の缶。
IMG_6765_R

この缶1つ分で、150人を殺せたそうです。
ガスを入れるのも、遺体を運び出すのも、遺体を償却するのも、全て同じ収容所の人々。そしてそれらは主に地下で行われ、ドイツ人たちからは見えないようにしていたのだそうです。
彼らの罪悪感を軽減するために・・・。

こちらは、ビルケナウ収容所。
博物館の無料シャトルで移動することができます。
IMG_6822_R

あまりにも広大な敷地のため、線路を引き込み中まで人を連行することができるようになっています。
IMG_6823_R

私ミーハーなんですけど、どうしてもここを見ると白い巨塔を思い出してしまうのです。(唐沢さんの方)

ドラマの中でここを訪れて、この線路を歩くシーンがあるんですよね・・・。
そのことを、中谷さんに聞いてしまいました(汗)。唐沢さんご本人もかなり興味を持って、アウシュヴィッツを見学されたのだそうデス。そして、唐沢さんに影響されて、その後佐々木蔵ノ介さんが一人でやってきたと言っていました。

あと、原作者の山崎豊子さんもここに何度もいらっしゃって、足が悪いのにここを一生懸命歩いていたのが印象的だったと仰っていました。。。

役作りや、思うところがあって、1人でいらっしゃる著名人の方も多いのだそう。
ちなみに、去年は過去最高の入場者数になったのだそうです。嬉しいやら悲しいやらと仰っていましたが、認知度が上がったおかげで、EUからも援助金をもらえることになり、政治家が動き始めたのは良いことです。(今現在、お昼くらいの時間帯は人が多すぎて、ガイド付きでしか入場できなくなっているのだそうです)

※ガイド料は40ズロチ(1,200円ほど)ですが、入館料は無料です。
※EUからの援助は、かなりの金額になるそうデスが、まだ3分の2しか集まっていないとのこと。そのうち、50%がドイツからの援助です。

これは、実際に使われていた貨物列車。
IMG_6828_R
これに人々がぎゅうぎゅう詰めになって、運ばれてきたのです。
そして、ここで「選別」が行われました。
IMG_6829_R

ここがアンネフランクが連れてこられた所。アンネは、ここビルケナウで2ヶ月をすごし、病で亡くなりました。

貨物列車を降ろされた人は、その場で医者によって選別されます。約2割の健康な人が収容所へ連れて行かれ、残りの8割はそのまま直接ガス室へ・・・・。人の命を預かる医者が、人の生死をここで決めたわけです。

これがガス室へ繋がる階段。
IMG_6838_R

このガス室は、ドイツ敗戦の直後に証拠隠滅のためナチスによって爆破されたのだそうです。
IMG_6839_R

こちらは、ビルケナウの収容所。
まさにアンネが2ヶ月いたところ・・・
IMG_6844_R

こんな狭いところに、藁をしいて、4,5人が寝かされていたのだそうです。
IMG_6843_R

戦争終了後、ここで働いていた人々(ナチス)は、殆ど罪に問われることはなく、むしろ「私達もだまされていた」と言ったのだとか。

でも、彼らのその言葉にはもしかしたらウソはないのかもしれません。
だって、ユダヤ人を排除することが「国家政策」だったのですから。誰一人として、異を唱えることができなかった状況。本当に恐ろしいです。
なお、ここの収容所所長に関しては、収容されていた人々に顔を覚えられていたため、終戦後捕まり、公開処刑されたとのことでした。

自分の家族とともに、ガス室のそばで暮らし、非人道的なことを日々行う・・・・。人間をこんな異常な感覚にしてしまうほどの強い信念って、一体どういうものなのか。もはや私の脳みそではわかりえません。

沢山のユダヤ人が犠牲になったアウシュヴィッツ。

でも、今はイスラエルという国を守るために、隣国の市民が被害にあっていることもまた、忘れてはいけないと思います。繰り返してはいけない歴史。でも、繰り返される歴史。

・・・ということで、午後2時から始まった見学も、予定より大幅に延びて5時半近くで終了。本当に沢山のことを学び考えた1日だったと思います。
ここに書ききれないことも沢山あるんですが・・・・。ここまで読んでくださった方がいたとしたら、お疲れ様でした。ありがとうございました。

今日生きていることを当たり前だと思わず、感謝すること。
旅をしてきて、改めて思っていることです。


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. jidaiya_3 より:

    広島 長崎 も同じで風化させてはいけません 人類は胸に刻んで置かなければ。

  2. Que より:

    捕虜にすると移送や管理が面倒だと、余程連れて行くメリットがある人間でない限りその場に打ち捨ててくるのが他の国では多かったように思うのですが、靴だのなんだのまで集めて処分もせずに残しておいたのは一体どういう理由だったんでしょうね。

  3. CHIE より:

    むーん・・・重い。
    国をあげてその間違った国家政策を強いてきたわけだよね。
    すごい洗脳だよね。中には言えないけど間違ってないかな??なんて思った人もいたかもしれないけど、多分これが正しいんだ!!!なんて思いながらやっていたのかしら。
    人の命を簡単に扱いすぎ!!!
    本の中でしか知らなかった場所だけど、なんとなーく何が行われていたかは知っていたけど、こうして写真と解説と共に抜粋でも載せてくれたdaidaiさんに感謝★
    私の持っているボキャブラリーでは表せない思いです。
    お疲れ様でした<(_ _)>
    私も絶対に自分の目で見に行ってくるッ!!!

  4. 芸者ガ~ル より:

    有名ですよね!この日本人ガイドさん。
    彼も一生を捧げて伝え続けていくのでしょうか!?
    東ヨーロッパを旅している人は、少なからずアウシュビッツの存在を意識していると思います。
    どこにでもシナゴーグはありますし、それにまつわるどうしても避けられない歴史ですから。
    でも時々「アウシュビッツ」をドイツの町の名前だと思っている人もいますね…
    私の独語の先生は、ヒトラーの出身、オーストリアの人なんですけど、ユダヤ人虐殺の歴史を習わなかったそうです。
    私も現代史を省かれた時代なので、そこは日本も同じですね。
    お疲れ様でした。
    もしこの長~いリポートが出来上がりに消えてしまったのだとしたら、泣きたくなるでしょう!
    私も5年以内には、中谷さんのガイドで見学したいです。

  5. nori より:

    無事中谷さんのガイドで博物館回られたようでよかったですね!
    あと、リポートありがとうございます。私も忘れてしまっていることや、写真に収められなかったところなど沢山あったので、約1年ぶりに振り返ることができてよかったです。
    私が中谷さんの言葉でとても印象に残っているのは戦争が起これば「ここにいる誰もがナチスドイツ兵や虐殺に手を貸したユダヤの特別囚人になり得る」ということ。
    彼らがした事は絶対に許されることではないけど、一方で彼らもそうしなければ生きていられなかった。これもまた事実です。
    私は自分の命を投げ打ってでも、正義を貫いてあの死の壁に進む勇気がもてるのだろうか。。。とてもそんな自信はありません。
    唯一つ絶対言えることは「絶対に戦争はしてはいけない」ということ。daidaiさんのレポート読ませていただいて、また新たにこのことを思い直すことができました。
    ありがとうございました。

  6. daidai より:

    jidaiya_3さん
    そうですね、世界中に負の遺産がありますしね。
    忘れてはいけない歴史です。

  7. daidai より:

    Queさん
    余ってしまっている物品も、いずれはベルリン本部へ送るつもりだったのだと思います。そうすることで、お金が支給されるわけなので。そのために1つでも多くのものを回収しようとしていたのではないでしょうか・・・
    それも戦争が終了して、処理できなかったものが大量に残ってしまったんですね・・・。

  8. daidai より:

    CHIEちゃん
    国家政策ってのが、すごいし怖いよね。
    たぶん「違うよな」って思ってた人もいるとは思うのだけど、大半は選択の余地がなかったんだと思う。そうしないと、自分たちも生きていけないから。
    人の命だと、思っていなかったみたいだよ。ドイツ国民以外の民族は、全て下等生物扱いだったんだって。
    いつか行ってみて欲しいよ、本当に。その時はぜひ中谷さんで!

  9. daidai より:

    芸者ガ~ルさん
    有名なんですねぇ、中谷さん。
    今回初めて知ったんですよ。でも彼のガイドで本当によかったと思います。
    東欧を回っていると、ユダヤにまつわるものやナチスの足跡がチラホラ見えてしますよね。アウシュヴィッツは別格でしたが、あちこちにそういった悲しい場所がありました。
    ぜひぜひ、アウシュビッツ見学を実現させてくださいね。人生の中で貴重な考える時間・課題を与えてくれる場所でした。

  10. daidai より:

    noriさん
    noriさんのおかげです。ありがとうございました!
    色々な資料や番組で見たことはあっても、その場に行くと重みが違いますね。
    中谷さんも、分かりやすく丁寧に言葉を選んで説明してくださって・・。時々私達に問いを投げかけて、考えるテーマを与えてくれるのもよかったです。
    私も仮にあの時代にいたとして、ユダヤの人を匿ったり、何か対抗するようなことが果たしてできたかと考えてみると、かなり難しいのではないかと思いました。ユダヤ人を匿うこと自体、命がけの行為ですものね。でもそうした人々も沢山いたという事実が少しだけ救いではありましたが・・・。
    この日記をこの先も読み返して、忘れないようにしたいなぁと思っています。

  11. むらおか より:

    軍人として「任務」と「人道」の狭間に立ったとき、大抵は任務を優先してしまうんですよね。
    淡々と「国から命ぜられる任務」を遂行した結果、巨悪に加担していた。命令していた人の責任は問えても、命令されたほうの責任は問えるのか?っていうのは大きな問いですよね。
    民主主義が選んだリーダーが圧倒的支持を元に非人道的な虐殺を任務として命じたら、あなたはそれを断れるか?・・・
    こちらは有名な本、エルサレムのアイヒマン
    http://www.amazon.co.jp/dp/4622020092/
    アイヒマン裁判のドキュメント。昔映画館で見ました。
    http://www.amazon.co.jp/dp/B00005HPZS/

  12. Numako より:

    私もアウシュビッツといったら、アンネフランクか白い巨塔しか思い浮かばないくらい。。。
    けどちょっと気になるところだったけど、daidaiの日記を隅々までよんで、ほんと考えさせられたわ...
    かなりわかりやすく詳しく書いてあったよ、生きてるうちに足を運べるかわからないけど、ほんと行って見たくなった。
    文章もうまいし、daidai本だせるんじゃない?w

  13. daidai より:

    むらおかさん
    人間らしく生きるか、命令に従うか・・・
    規模は小さいですけれど、普段の生活にも当てはまる言葉ですよね。会社単位とか・・・。間違っているかもと疑問に思っても、声に出せないあるいは無関心でいる。。。そんなことも多いナァって改めて思います。

  14. daidai より:

    ぬまこ
    小さい子供連れの人もいたんだけど、博物館自体には14歳以下の入場は「禁止」じゃないけど、入らない方がいいかもとアドバイスが書いてあったの。
    でもね、子供のうちから知っておくのもいいと思うし、もし機会があったら、家族でぜひ!!!
    私達の子供達が生きる未来が平和であるためにも、必要な博物館だなぁって思うよ。
    文章ね・・・笑
    なんかいろんな人にほめてもらうんだけど、いやーw そんなことないんだよ(←ちょっと調子に乗ってるw)

  15. わさび より:

    最近、ブログを知ったわさびです。
    すごく文章が上手で、記事に引き込まれます!
    旦那がクラクフ出身のボーランド人なので、
    アウシュビッツには、小学校の校外授業で12
    歳頃、行ったと聞いてました。
    私はまだボーランドには行ったことは
    ないのですが、今回の記事で
    すごく考えさせられました。
    これからも記事を楽しみにしてます。
    体に気を付けて!

  16. daidai より:

    わさびさん
    コメントありがとうございマス!!
    なんと旦那さん、クラクフの方なのですね。12歳でアウシュビッツとは・・・。私が行った時は、14歳以下はなるべく入らないことをおススメしますと博物館に書いてありました。
    もちろん最終的には親御さんの判断でしたが・・・。
    子供の頃に見ると、また受ける衝撃とか印象が変わってくるでしょうね。自国のことならなお更。
    ありがとうございマス、次は南米とガラッと変わってしまうので、お腹が痛くならないことを祈っています・・・(笑)。

  17. ケイジ より:

    やはりこういった負の歴史遺産が残っていると伝わる価値が高くなる。
    気仙沼市では打ち上げられた船を保存するか撤去するかでもめているが、何か目で見えるものをそのままの形で残していかないと後世に伝わるのか疑問。
    原爆ドームも骨組みの建物があるからたくさんの人が行くわけで、平和記念資料館で資料を見るだけより重みが違ってくる。

  18. daidai より:

    ケイジさん
    コメントありがとうございます。
    そうですね、こうして風化させずに後世に伝えていくことはとっても大事で、さらにこうやって遺産が残っていると、より強いメッセージを残すことができますものね。

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です