世界遺産制度設立のきっかけ

世界一周: エジプト 世界遺産

アスワン・ハイ・ダム建設のせいで、
水中に沈んでしまうことになった、アブシンベル神殿。

それをユネスコが救済に名乗り出て、無事丘の上に移動されました。
これをきっかけに、こうした偉大な遺産を守っていくべく誕生したのが世界遺産。。。
やるなぁ、ユネスコ。

これをかなり昔にTVで見てから、ずーーーっと見てみたかったアブシンベル神殿。
移動の際は、確か1000個以上のピースに切り分けられ、移動>組み立て・・・を繰り返したそうです。こんなことできるんだなぁ・・・とTV見ながら感動しちゃいました。

そんなアブシンベル神殿へ行くべく、カイロの宿でツアーに参加し、まずはカイロ > アスワンまで列車で。。。寝台列車が取れず、椅子で14時間・・・・・。意外に平気でしたけど、あまりの寒さでアスワンに着いたときは、ぐったりですた。

だもんで、アスワン・ハイ・ダムとイシス神殿は、パスwww

アブシンベル神殿のツアーは、午前4時にバスが出ます。これは警察によって決められているらしいんですよね。
ということで、次の日午前3時過ぎにホテルをチェックアウトして、いざアブシンベルへ~!!

バスで、Cちゃんと知り合い一緒に見て周りました。
話を聞くと、移動は飛行機だけど、カイロの同じ宿で同じツアーでびっくりwww
さて、アスワンからアブシンベルまでバスで片道3時間・・・・・

大神殿がででーーん☆
IMG_2339_R
ものすごいでっかいです。
ラムセス2世。。。
IMG_2341_R
これを丘の上に移動してきたなんて~
信じられない。。。
台座には彫刻がみっちり・・・・
IMG_2343_R
神殿の中は撮影禁止なので取れませんでしたが、
かなり小ぶりのラムセス2世の像がありました。

この像に、年に2回だけ神殿の奥まで日が当たるように設計されているこのアブシンベル。
その2回は、ラムセス2世が生まれた日と、王に即位した日の2日だけ。
移動した時にちょっとずれてしまったらしく、1日ずれたようですが、それでもすごい設計・・・

そして大神殿のお隣には、最愛の王妃ネフェルタリのために建てられた小神殿がござります。
IMG_2347_Rラムセス2世の大神殿に比べたら小降りですが、それでも大きいですよん。
2つはこんな風に並んでいます。
IMG_2354_R左が大神殿。

念願のアブシンベルが見れてよかったなぁ・・・・☆
でも、ユネスコの話を知らなければ感動は半減だったかも・・・。やっぱり見たい理由と少しでもいいからその背景を知らないと、遺跡って楽しめないです。

訳分からないと、ただ見て「ふーーん」ってなっちゃうし・・・・・
ということで、午後はアスワンから列車で3時間かけてルクソールへ移動しルクソールで1泊です。次の日は1日ルクソール観光ダ☆


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です