あー、ウィーンにいるんだなぁって(笑)。

お墓 世界一周: オーストリア

宮殿をあとにして、そこからテクテク西駅方面へ。
ウィーンは、自転車をとても大事にしている街だなぁと実感しています。
IMG_3584_R

どこにも必ず、自転車専用のマークが。

そして驚きなのが、
人々がそれをちゃんと守って道を歩いているということ。
観光旅行者くらいです、自転車エリアを間違って歩いているの。
・・・私が見かけた人たちが偶然そうだったのかもしれませんが、2日間歩き回ってちゃんと守っている人ばっかり見かけました。日本よりも進んでいますね。

途中公園を横切り・・・
大型犬が楽しそうに駆け回る様子を見ながら、ちょっぴり休憩。
IMG_3586_R

雨も上がって、とても気持ちが良い午後でした☆

ついついアイスを買い食い・・・笑
IMG_3588_R

エジプトからずーーっとアイス食べてます。うまし~w

そしてレトロトラムに揺られて目的地へ!
IMG_3591_R

Zebtrakfriedhof 2 Tor 駅で下車。
IMG_3593_R

この停留所で降りると、目の前には・・・
IMG_3594_R

中央墓地の入り口がーーー!
また墓地ですw
墓地好きw

ここは2番ゲート☆
ゲートをくぐってまっすぐ歩くと、ドームが見えてまいります。
IMG_3598_R

その左手に・・・
IMG_3612_R

32Aという区画が♪

そう、ここがウィーンにゆかりのある音楽家達が埋葬されている区画なのです☆
IMG_3615_R

中央にででーーんとあるのが・・・

モーツァルトの記念碑
IMG_3601_R

そしてその背後に。。。シューベルトのお墓
IMG_3643_R

そして、敬愛するベートーヴェンのお墓
IMG_3605_R

「明日、あなたの『皇帝』を聴きに行きますよ」と心の中で報告。
さらに周りには・・・

ブラームスの墓。ハンガリー舞曲好きです☆あともちろんシンフォニー1番も!!
IMG_3641_R

そして忘れてはならない、ヨハン・シュトラウスのお墓。
IMG_3642_R

あー、クラシックを聴きたくなる~・・・・
やはり素晴らしいですよね。何年経っても廃ることのない、永遠のヒット曲ですw
こうして中央墓地も満喫です。

かなり広いので、中をくまなく歩くことは難しいかも・・・・・。
再びトラムに乗って、市街地を探索してきました。

目指すは、シュテッフルというショッピングセンター。
なぜショッピングセンター??
なんとここは、モーツァルト最後の家なのです!!
モーツァルトが死期を迎えたところ・・・・
なのにショッピングセンター(涙)。

池田屋跡地のパチンコ並の悲しさ (今はパチンコ屋さんじゃないみたいです)。
ショッピングセンターの裏側へ行くと、扉の脇に1枚のプレートが貼ってあります。
IMG_3675_R

↓ちょっと見ずらいですが。。。1791年12月5日に亡くなったと書かれています。12月5日はちなみに母ちゃんの誕生日です (だからどうしたw)。覚えやすいw
IMG_3674_R

ここが彼が息を引き取った場所。レクイエム執筆中の出来事です。魔笛もここで作曲されたとか。
でも誰も興味を示してしていませんでした、このプレートに・・・。
そんなに知られていないのかなぁ。すごいところなのにね。

そしてモーツァルトを聴かないくせに、モーツァルトにとりつかれてしまっている私は、次の場所へ~。
それにしても、ウィーンの古い町並みもステキだなぁー・・・
IMG_3695_R

イタリアのキュートでウキウキしちゃう感じとは違って、重厚で整然と立ち並ぶ古い建物。ぜんぜん違うタイプですが、こちらも好きです♪

そしてたどり着いたのが・・・
IMG_3683_R

モーツァルトハウス!!
そう、ここはモーツァルトがかつて住んでいた、唯一現存する建物なのです。
ここでフィガロが作曲されたので、ちょっと前まではフィガロハウスと呼ばれていたそうな。

内部の写真撮影は禁止だったので写真はありませんが、小さなお家の3階分を回りきるのに、2時間ちょっとかかりました。
面白すぎー。

入場料9ユーロで、ここもオーディオガイドが借りられます。このオーディオガイド、かなりの情報量があり、これを単に聞いているだけでもかなりの時間がかかる代物。それに加え展示物を見るので、2時間なんてあっという間でした。
モーツァルト直筆の、フィガロのスコアが展示されていたり、彼直筆の英語のメッセージが書かれたスコアがあったり、モーツァルト大好き人間じゃなくてもヨダレが出ちゃうものばかり。

モーツァルトの仕事部屋は、まさにフィガロが作曲された部屋で、入った時に鳥肌が立ってしまいました・・・・・。そしてバックエンドで静かに流れるフィガロ・・・。なんか涙でそうでした。

この家の周りは、当時とあまり変わっていないそうデス。窓から見える景色を撮影しても良いか尋ねたところ、問題ないとのことだったので、モーツァルトも見ていたであろう景色をパシャリ。
IMG_3685_R

この窓枠も、当時のまま。
そしてこの景色の突き当たりに見える建物にご注目。ザルツブルグから引っ越してきたモーツァルトが、この家を決める前にちょっぴり住んでいたのが、この突き当たりにちらりと見える建物なのだそうです。

ちょっと上の写真じゃ分かりにくいので、外で改めて取った同じ小道が↓こちら。
IMG_3686_R

ここをモーツァルトも歩いたのだろうなぁ・・・と思いながら、私も歩いてみました。
感慨深い。。。。

そんなモーツァルトにすっかりかぶれてしまったオイラw
ザルツブルグでも彼を追いかけてみようと思っています (笑)。
そしてお腹がすいたので、ご飯どうしようかなと思っていたところに出くわした日本料理やさんww

うっかり入ってしまいました。日本食はナポリで堪能したけれども、日本食屋さんはネパール以来~。
天満屋さん。

てんぷら食べちゃいました・・・豪遊しすぎ。
IMG_3699_R

カウンターだったので、大将とお話して楽しかったです。
海がない国なのでお魚どうされているのか聞いてみたところ、やっぱり新鮮なお魚を手に入れるのは難しくって、ノルウェーからの輸入物や、大体冷凍だと仰っていました。おコメは、シャリはカリフォルニア米に近いもので、定食などで出すご飯は日本から仕入れているあきたこまちを使っているのだとか。てんぷら、サクサクで美味しかったですよ♪

ウィーンで7年間オペラの勉強をしているという方ともおしゃべりできて、新鮮な感じ。最近舞台デビューされたようなのですが、今のどを痛めていて大変だって仰ってました。来月舞台があるのだそうです。早く治るといいなぁー。
ビールも飲んでほろ酔いでお店を出て、宿に向かって歩いていたらオペラ座の前に人だかりが~。どうやらスクリーンでライブ放映するみたいです♪
IMG_3700_R

すごいよね、こういうのが普通にあって。
そして沢山の人が集まって見るなんて。
日本でもやったらいいのになぁー・・・・・

という事で、開始を待っていたら、「何が始まるの?」 と韓国人の女の子に声をかけられました。「えーっと、よく分からないけど、たぶんオケだと思うよー」なんて話しながら、一緒に時間つぶし。彼女は1ヶ月ヨーロッパを旅しているのだそうです。多いねぇ、長期旅行者☆

そして19時半になると同時に、演奏開始~!! すごいよ、ライブで聴けるんだよ・・・タダでw
IMG_3706_R

曲は何かさっぱり分かりませんでしたが、ロッシーニでした。
今日はホント、ウィーンを堪能した!!! って感じの1日でした☆

20時を過ぎてもうっすら明るいウィーン・・・。明日に備えて今日も早く寝ます♪
IMG_3715_R


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. CHIE より:

    モーツァルトさん、たくさんあるのね(笑)
    お墓なり、記念碑なり・・・。
    それにしてもクラシック界の有名人たちがここに眠ってるって・・・。
    すごいところだね。
    ショパンさんは??←無知(笑)
    一応ピアノ習ってただよ。。。。

  2. daidai より:

    CHIEちゃん
    モーツァルトはウィーンの代表人物だからねぇーー。
    CHIEちゃんもピアノやってたんだー!
    私もショパン好きなの。てか、一番好きなの☆
    彼はポーランドの人なんだけど、お墓はパリなのよぅ。行きたいのよぅ。でも心臓はポーランドにあるのよぅ、ポーランドも行かなきゃー。大変~w

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です