ワイナピチュ登頂→クスコ移動

ペルー 世界遺産

マチュピチュ晴天!! オイラ晴れ女です (笑)。
今日はワイナピチュに登るために 4 時起床。
————————————————–

ワイナピチュ登ってまいりました!!!
ネットで事前に色々調べていたのですが、どのサイトにも 「無理をしなければ、誰でも登れる山」 という内容のコメントが。

それを信じて登ってみたところ、

ゲロ吐きそうなくらいきつかったデス。

ワイナピチュは、1日 400 人の人数制限があります。そのため、朝早くからバス停に並んで早くマチュピチュへ行かねばなりません!! (マチュピチュは 6 時開門)

↓早朝4時半のマチュピチュ村と、長蛇の列のバス停。
20110811_2221342

バスチケットとマチュピチュ入場券は前日に購入してあったので、そのまま行列の一番後ろに並びました。

無事バスに乗り込み、6時ちょい過ぎにマチュピチュに到着。ここでもまた行列です。まだかなぁーなんて待っていると、朝日が見えました☆

昨日見たマチュピチュとはまた違い、朝日が射しているマチュピチュは神々しかったです。遺跡の中で朝日を浴びながら、瞑想している方とかもちらほらいらっしゃいました。
7829_1124321911771_6044377_n

7829_1124321951772_4405742_n
マチュピチュ遺跡の中央を突っ切って、一番奥にあるワイナピチュの入り口へ。無事 53 番目で入ることができました。

ワイナピチュはさほど高い山ではないのですが、急な斜面をジグザグに登っていくので、えらい大変です。岩が階段上になってはいるのですが、幅がとっても小さかったり、一段がひざぐらいの高さだったり、もう数段登っては、「ゼェゼェ」の繰り返し…。オイラ、体力があるとは思っていませんでしたが、ここまでダメダメだったとは…。

↓急な階段と、最後のトンネル (?) 状の岩…。
7829_1124321751767_2685732_n

20110811_2221346
早い人で 40 分程、遅くても 2 時間あれば登れる山ということで、オイラは休み休み登って 1 時間 15 分。頂上に着いた時の感動ったら、もう!!! 頂上があまりにも気持ちよくって、多分 30 分くらいいました (笑)。

↓頂上は、岩だけ。寝ている人もいました (笑)。
※ すごい狭いんですよ、なんたって本当のてっぺんなので。
7829_1124321831769_1048109_n

そしてこの頂上から見たマチュピチュ!!
7829_1124321871770_7258835_n

マチュピチュが、本当に山の尾根にあるんだってことが、お分かりいただけるかと思います。こんなところによくもまぁ…。そして、遺跡の左側、山の斜面にジグザグに白い線がありますが、これがマチュピチュ村と遺跡を結ぶ “ハイラム・ビンガム・ロード” です。

いやぁ、なんとか無事にワイナピチュに登れてヨカッタよー!! 数年前には日本人の男性が落下したそうなので、結構危険なのです (幸いにしてこの方は骨折で済んだ様子)。登頂前に入り口で名前を書いて、下山したらまたサインをするのですが、これは遭難者がいないかどうかを確認するためなんです。ワイナピチュは 3 時か 4 時ごろまでしか開いていないのですが、この時間までに下山してこなかった人は、遭難者となってしまうわけでございます…。

さて感動もつかの間。今来た道を降りなければなりませぬ!!
下山は比較的楽でしたが、使う筋肉が違うので立ち止まるともう足がプルプル…

っていうか、膝が大爆笑。
(膝が笑うっていうレベルではない)

下山後、再びマチュピチュ遺跡の中央を突っ切って帰ったわけですが、それすらもきつかったです。いやー、ホント大変でした。多分もう登りません (笑)。

その後は、15 時の列車でクスコまで戻りましてクスコで1泊。
当たり前ですが、もう 8 時ごろには就寝しちまいました (笑)。


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です