3600M でビールをたしなむ。

世界一周: 中国

ここラサ市は、おおよそ3,600M に位置する町でございます。
3/31から3日間ビールを我慢していましたが、ついに昨晩飲んでみたのでございます!!
IMG_1354_R
チベットビールとラサビール
大丈夫でしたぁ~~。

昨年南米に行った時、クスコの町で (3,400M) 体調も良かったので調子に乗ってビールを飲んでみたのですよ。そうしたら、1缶飲み終わらないうちに、激しい二日酔いの症状が・・・。

ザ高山病。

やっぱりだめだったかぁ・・・・とがっかりしたものの、しばらく高いところにいたので、帰りのラパスの空港 (4,000M) ではビールも平気になったんです~。人間って慣れるのね 。

ということで、今回も数日経っていたので、体が適応していたってことですわ。おほほのほ。

ちなみにこうした高地では、基本的に血のめぐりがよくなるようなことをしてはいけません (高山病を防ぐため)。 例えば熱いお風呂に浸かるとか、マッサージを受けるとか、走る、お酒を飲む・・etc。

さて本日は、ポタラ宮の近くにある壁画を見に行って参りました!! あんまり観光客は来ないところだそうですが、Sandy お勧めだったので連れて行ってもらったのです。

この壁画の場所もそうですが、ほぼすべての寺院内もしくは寺院にたどり着くまで、かなりの坂道だったり階段を登らないとたどり着くことができません。巡礼者の多くは高齢者なので、本当に大変だろうなぁと思います。

壁画の場所 (= 祈りの場所) を目指す人々
IMG_1358_R

もちろんマニをくるくる・・・
IMG_1359_R
青空になびくチベタンの旗・・・
IMG_1363_R
そしてこれが巨大な壁画!!
仏像が1000体以上描かれているそうです。
IMG_1372_R
壁画の前で、五体投地をする人々
IMG_1373_R
この壁画、人の手によって書かれたものではなく、11世紀にそのもととなる図柄がこの岩壁に浮かび上がってきたんですって! そこに色をつけて今のようにカラフルなものになっているのだそうです。

だからここもとっても神聖な場所。
IMG_1374_R
IMG_1369_R
大きなマニもありました。
IMG_1376_R
部屋に戻った後、私もちょっと五体投地をしてみたのですが、
ものすごいきついです。なんかギックリーになりそうでした・・・Orz

巡礼者たちも、宗教的な意味合いとともに体力づくりとしても行っているのだとか。
あと、この五体投地をすると体の悪いところが治るとも言われているそうです。
さて今日の午後は、ポタラ宮の裏手にある公園で読書してきまーす。ポカポカで気持ちがイイのです!

ラサは春・・・
IMG_1378_R


↓クリックしていただけると励みになります!!↓

にほんブログ村 旅行ブログ ぶらり旅へ

↑クリックすると現在のランキングが見れますよ↑

« »



Comment


  1. Nao より:

    おおっ、ラサビールだ!
    飲みたいなぁ…
    ぜひチャンも飲んで感想聞かせてください。
    プチプチ発泡して意外に美味しいですよ♪

  2. あき より:

    あぁ、やっぱりラサは憧れです。
    何げに学生の頃、チベット文化を研究している教授のゼミでしたw
    でも、ポタラ宮の前が道路になっちゃったり、どんどんここも開発されてっちゃってますもんね。。。
    カイラスに道路とかは、本気でやめて欲しいorz
    ビールいいですねぇ♪
    結局怖くて、ラパスでもクスコでもアルコールは飲めませんでした(^^;)

  3. daidai より:

    Nao さん
    ラサビール、美味でしたぁ~。
    そして安かったので感激です!! (4元くらいだったかなぁ…)
    チャン! ネパールの地酒でしたっけ? ちょっと調べて試してみます☆ 旅していると、その土地のお酒も楽しみの1つですよねぇ♪

  4. daidai より:

    あきさん
    ラサ、想像していたより衝撃の強いところでした!
    でもここはもはや中国ですよ・・・・・・
    確かにいい面もあるのだとは思いますが (生活する上での利便性という面で)、文化や歴史、慣習そう言ったものがこのまま残っていくかどうかという点では、やはり疑問があります。一度現代社会を知ってしまうと、もう元には戻れないですしね。
    旅に出ると、必ずその地元のビールを飲まないと気が済まないんですよぉ (笑)。

  5. ぽん より:

    世界旅行は行けないので、紀行を見るのが好き、関野吉晴、渡辺文江、椎名誠等の本を読み楽しんでいます。これからもよい旅をしてください。

  6. みゆきち より:

    どもです、PC共にご無事で何より。
    チベットは私も興味津々なので、楽しく勉強しながら読ませて貰ってマス。
    「たしなむ。」なんて言うとまたSATTOOさんに突っ込まれそうですがw…こんな状況では一番ぴったり来る表現だよね、高知でのビールいいな~、美味しそうだな~、羨ましい。
    世界中のご当地ビールを飲み尽くして帰国後ビール本を書くのはどうw?

  7. daidai より:

    ぽんさん
    旅行記楽しいですよねぇ! 文字だけでもその場の情景が浮かんできたり、自分が旅している気分になりますもんね!

  8. daidai より:

    みゆきちさん
    チベットに興味ある人って結構多いよねぇ! なかなか簡単には行けないところもあいまって・・。
    えーっと、"たしなむ" は SATTOO さんに突っ込んでもらうことにして (笑)、オイラはかなりたしなんだw こっちでも日本のビールとか、US、ドイツビールも買えるんだけど、やっぱり地元のビールでしょぅ!! ってトコロ☆
    ビール本!!! 書きたい~。でも飲みすぎてビールの記憶がないこと多し・・・orz

  9. hiroshi より:

    ラインに木材団地の経営者ですが、
    ラインに登録が入ったのでコメしますと
    偶然に、いまチベットだそうですww
    水資源の件で観光かねて見学に行った人も
    いるから、それと同じ趣向かもしれません。

  10. hiroshi より:

    ラサ商事という会社がありまして
    機械をここから購入したりしてました。
    それで社名をチベットが好きだから
    社名にしたと思い込んでいました。
    この機会に社名を検索して調べると
    ここは沖縄本島から東にあるラサ島から
    でした。このブログを見てないとず〜っと
    知らなかったでしょう(笑)

コメントをのこす

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です